中学生が太る方法!男子も女子も食事量を増やしてガリガリ克服

中学生にも痩せすぎで悩む人は多いです。

 

中学生は多感な時期ですから周りの目がどうしても気になります。

体重測定や水泳の授業など恥ずかしい思いをした人もいるでしょう。

 

私も中学生の頃は痩せすぎな自分にすごく悩んでいました。

周りからガリガリといじられて嫌な思いをしたこともあります。

 

痩せすぎの中学生が太るにはどうすればよいのか。

今回はガリガリな原因と中学生が太る方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ガリガリな原因① 消費カロリーが多い(基礎代謝・運動)

基礎代謝とは運動などで消費するカロリーとは違い、生命活動を維持するために必ず消費されるカロリーのことを指します。

呼吸、内蔵の活動、心臓の活動、体温調節などが当てはまりますね。

 

痩せすぎの中学生はこの基礎代謝が高い傾向にあります。

高ければ高いほど消費されるカロリーが増えるのでその分摂取カロリーを増やす必要があります。

 

「基礎代謝が多いなら下げればいいじゃん」

と思った人もいると思いますが、基礎代謝を下げることは逆効果。

基礎代謝を無理に下げると内臓の機能が低下し食事量や栄養の吸収率が低下してしまいます。

 

ちなみにこの基礎代謝は中学生・高校生あたりをピークに加齢ともに低下していきます。

なので、中学生でガリガリだった人が30代あたりで太り始めるというのはよくある話です。

 

また運動部で毎日練習している人は消費カロリーが増えます。

 

基礎代謝に加えて運動でカロリーを消費すれば更に摂取カロリーを増やさないといけません。

 

激しいトレーニングをする運動部の生徒であれば男子は1日3000kcal以上、女子は2400~3000kcalは摂取したいところです。

 

ガリガリな原因② 食事量が少ない

自分ではたくさん食べていると思っても実際食べれていないパターンは意外と多いです。

 

私もそうだったのですが、1回の夕食を頑張ってたくさん食べただけで自分は食事量の多い人間なんだと勘違いしてしまうんですよね。

でも次の日は胃もたれして食べれていない場合がほとんどなので結局意味がないです。

 

他の人と食事量を比較することで自分が本当にしっかり食べられているのか客観視してみましょう。

 

比較対象は家族よりも体格の大きい同級生が良いです。

親は年齢的に基礎代謝が低いのであまり食べなくても太りやすい体質になっているので。

スポンサーリンク

ガリガリ中学生が太る方法

中学生に限らず太りたい人は、

摂取カロリー>基礎代謝+消費カロリー

これを毎日目指す必要があります。

 

それと空腹の時間を減らすことも大切になります。

空腹の時間が長いと体が栄養を求めて脂肪や筋肉を分解して栄養に変えていくので痩せやすくなります。

 

なので、昼食や夕食の2~3時間前に軽く間食を取ると体重を維持しやすくなります。

しかし、義務教育で校則の厳しい中学生では学校におにぎりなどを持っていくことは禁止されているので間食を取ることができません。

 

1日3食をしっかり食べる

間食できない分、朝昼晩の1日3食をもう食べられないところまで目一杯食べるようにします。

 

今までであればごちそうさまするところをご飯もう一杯分頑張ります。

最初はかなりきついですが習慣化することで内臓が慣れてたくさん食べられるようになります。

 

私は夕食の場合、ご飯お茶碗2杯に加えて、締めに納豆卵かけご飯を食べるようにしています。

卵かけご飯はお腹いっぱいでも流し込みやすいですし、納豆は食物酵素が豊富にあるので栄養を吸収しやすくなっておすすめです。

太りたい人は酵素がおすすめ!酵素の多い食べ物はこれ!

 

朝食は絶対食べる!

また痩せ型の人は朝食を抜きがちな人が多いですが絶対食べた方が良いです。

私が学生時代に太ることが出来なかったのは朝食を抜いていたことが一番の原因だと思います。

 

朝食を抜くということは昨晩から次の日の昼まで何も食べないということになるので空腹状態が続き確実に痩せます。

また朝食を抜くということは昼食と夕食で2500kcal以上摂取しないといけなくなります。

 

朝練などで食べる時間がない人は夜更かしをやめて早寝早起きで食事の時間を確保しましょう。

 

おすすめの朝食メニューはこちらにまとめています。

太るための朝食メニュー!太りたい人は朝ごはんを食べよう

 

そして休日はおにぎりやバナナなど間食を適度にとって空腹になりすぎないようにしましょう。

 

お菓子類・冷たい物で太ろうとするのはNG

太りたい中学生がやりがちな食事法としてケーキ、ポテトチップス、アイス、コーラなどを暴飲暴食する人がいます。

 

たしかに太るイメージがありますが、これらは普段の食事量が多い人が食べるから太りやすくなってしまうだけです。

 

ケーキやポテチを食べても1日3食しっかり食べることができなければまず太れません。

 

私も中学生の頃、寝る前にコーラとポテトチップスを食べまくりましたが、全く効果がなかったです。

むしろ糖尿病の危険が出るので辞めたほうが良いですね。

 

また夏は冷たい物を手に取りがちですが、これらを食べ過ぎると胃腸の機能が低下して食べ物を受け入れづらくなります。

 

食事をしっかり食べるためにもお菓子類・冷たい物は極力控えた方が良いです。

 

もしも食べる場合は寝る2時間前までにします。

寝る直前に食べると翌日の朝食欲が湧かなくなります。

 

夜更かしをしない

中学生だと毎日夜更かして寝不足気味の人も多いのではないでしょうか。

 

夜はバラエティ番組も面白いですし、家族が寝静まった深夜に自由にできるのは楽しいものです。

 

しかし、夜更かしは太るチャンスを失っているどころか自ら痩せやすい環境に身を投じています。

 

寝ている時間は成長ホルモンが出ます。

 

この成長ホルモンは筋肉や内臓の回復・成長を促し、太りやすい体質にしてくれます。

この成長ホルモンは22時~2時の間が最も出やすいとされています。

特に中学生は成長期ですから成長ホルモンがバンバン出ます。

 

また慢性的な睡眠不足は胃腸の働きを抑制し、食欲不振を招きます。

 

胃腸の働きを抑制する仕組みが気になる方はこちらの記事を参考にして下さい。

太りたい人は睡眠を大切に!痩せ型に理想の睡眠時間は?

 

太りたい人は早寝早起きの生活を心掛けなければ太ることはできません。

 

ただ、早寝早起きを継続することは難しいと思います。

 

そういう時はガリガリを克服した自分を想像しながらモチベーションを維持しましょう。

 

克服すれば異性の目も変わりますし、ガリガリを気にしなくて良いので周りの目も気にならなくなります。

自然と自信が溢れるようにもなるので今よりもより楽しく学生生活を送ることができるでしょう。

中学生(ガリガリ)の筋トレは身長に影響?自重トレがおすすめ

 

まとめ

中学生は1日3食をとにかく食べることが大切

冷たい物・お菓子類で太ろうとしない

睡眠をしっかり取ることも大切

 

更に言えば酵素サプリを飲むと格段に太りやすくなります。

 

太れない体質の人は食べた物を吸収する力が弱いことも太れない理由の一つです。

 

酵素サプリは食事の栄養吸収率を高める商品で太れない人の弱点を補ってくれます。

 

実際に私も酵素サプリを飲み始めてからどんどん体重が増えるようになりました!

 

そのあたりはこちらの記事にまとめています。

食べても太れない本当の原因!何をしてもダメだった私が太れたサプリを紹介

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

痩せ型で筋肉がつかない人のつけ方!食事と筋トレやプロテインで克服

ガリガリの人が付けられやすいあだ名一覧!ガイコツ・もやしなど

スポンサーリンク