ガリガリと太れない体質は遺伝が理由なのか調べてみた!

スポンサーリンク

「食べても太らない…。」

「家族も痩せてるし、もしかして遺伝的に太らない体質なの?」

と思ったことある方もいるでしょう。

 

特に家族に一人も肥満体型がいないとなるとそう思うのは至極当然ですよね。

 

今回はガリガリ(太れない体質)は遺伝が理由なのか調べてみました。

ガリガリと太れない体質は遺伝が理由?

痩せ型体質は遺伝が決めるのでしょうか。

 

先に結論からいうと関係しています

いや、あくまで一つの要因になると言った方が正しいです。

 

両親が肥満の場合、子供が肥満になる確率は

  • 両親ともに肥満体型:80%
  • 片親どちらかが肥満体型:50%
  • 両親ともに標準体重以下:10%

となります。

 

あくまで肥満のデータですが、肥満体型から生まれた子供は肥満になりやすいということはその逆もまたあり得るということです。

 

実際にある研究によれば両親ともに肥満体型よりも両方もしくは片方が痩せ型の方がその子供も痩せ型になる確率は高くなるそうです。

 

私の両親も片方が痩せ型体質ですね。

 

周りの痩せてるいる人にも聞いてみましたが9割近い確率で両方もしくは片方が痩せ型というケースでした。

 

なので、親の影響で太らないと思うことも決して間違いではないです。

 

遺伝と関係が深い脂肪細胞

遺伝的に太れないことと関係が深いのが脂肪細胞です。

 

脂肪細胞は全身のあらゆる場所に分布されており、余分なエネルギーを中性脂肪に変換する役割を担います。

 

体内に蓄えることでエネルギーが不足した際のエネルギー源として働きます。

 

この脂肪細胞の数が多いほど、体脂肪も増えて体が太って見えやすくなるんですね。

 

そして脂肪細胞には劇的に増えやすい時期があります。

 

それが、

  • 妊娠末期の胎児期(生まれる3ヶ月くらい前から)
  • 乳児期(3歳まで)
  • 思春期

この3つです。

 

この時期に太りやすい食生活を送ることで体内の脂肪細胞の数が増えます。

 

一方で、この時期を過ぎると脂肪細胞を増やすことはかなり難しくなってきます。

 

胎児期は生まれる前の話なので、母親の食生活が関係していきます。

 

母親が肥満状態だと胎児も栄養過多になり、出生後の肥満の原因になります。

 

反対に母親があまり食べられない場合は、栄養が不足気味で脂肪細胞も増えにくいです。

 

家族の影響で太れないというのはこのあたりも深く関係しているのかもしれません。

 

また乳児期、思春期もあくまで子供の頃の話です。

 

この時期にあまり食べてこなかった人は脂肪細胞の量が少なく、大人になっても体が大きくなりにくいです。

 

太りやすい食生活で育った方が太りやすいのはこういった要因も関係しています。

 

大人になっても太ることは可能

しかし、だからといって「太れない」なんてことはありません。

 

太りにくいことは間違いないでしょうが、遺伝による痩せは後天的な努力で改善していくことが可能です。

 

また最近の研究だとエネルギー摂取量を増やせば大人になっても脂肪細胞の数は増えることが分かってきました。

 

もちろん子供の頃よりも難しいでしょうが、太れない理由を探して諦めていてはいつまでもガリガリのままです。

 

これは完全に過去の私ですが、太ることができるのに「自分は遺伝的に太れない」と嘆くばかりなのは非常に勿体無いです。

 

それに自分が情けなくて自己否定感を強めてしまいます。

「だったら努力しろよ」とあの頃の自分に言ってやりたいですね。

 

太りやすい環境を整えることによって体質を改善していくことは十分可能です。

 

実際に私も体重50kgの超痩せすぎ体型から60kgを超えるまで増量することに成功しました。

スポンサーリンク

遺伝的に太れない人が太るには?

前述の通り、痩せすぎの人は太りやすい環境を作っていく必要があります。

 

まず「食事面」ですが、摂取カロリー>消費カロリーになることが大前提。

1日だけ摂取カロリーが上回れば良いわけではなく、毎日これを継続する必要があります。

 

それが継続できた時にはじめて体重は増えていきます。

 

毎日細かくカロリー計算をするのは面倒くさいので1日3食しっかり食べることを基本にしましょう。

ご飯も昨日より1口、2口多く食べることを意識していけば自然と食事量が増えて摂取カロリーも増やせます。

 

あと「睡眠」と「運動」も重要です。

 

睡眠は太るのに関係ないと思われがちですが、睡眠不足で毎日過ごしていると食欲よりも眠気が先に勝つという経験はありませんか?

 

睡眠不足だったり生活リズムが不安定だと自律神経が乱れます。

すると胃腸の機能低下や食欲不振を招きます。

 

理想は8時間、最低でも6時間の睡眠時間は確保したいところです。

 

運動も同様で、日々の活動量が減少すれば体は栄養を補給する必要がないと判断します。

すると食欲が湧きにくくなり、「食べなくてもいいや」となります。

 

なので、激しい運動はしなくても良いですが、適度に運動をした方が食欲も湧いてたくさん食べられます。

1日30分程度有酸素運動をするだけでも全然違いますよ。

 

それとここでいう運動には筋トレも含みます。

 

筋トレも健康的に増量するためには絶対必要です。

 

筋肉も同様に「自分は遺伝的にガリガリだから筋肉もつかない」と嘆く人もいますが、痩せているから筋肉がつかないわけではありません。

 

食べないから筋肉がつかないだけです。

 

しっかり食べてしっかり筋トレをすれば筋肉がつかない人はまずいません

 

例えば遺伝的に痩せやすい人が高校の野球部で寮生活を送るとします。

 

そこで3年間みんなと同じ食事量、同じ筋トレをすれば、体は必ず大きくなります。

 

いくら痩せやすいといえども、細マッチョ体型には最低でもなれるはずです。

 

そして脂肪はなかなか狙った位置につけることはできませんが、筋肉はピンポイントで大きくしていくことが可能です。

 

筋トレは継続さえすれば絶対裏切らないのでまずは自宅から始めてみましょう。

ガリガリの自宅での筋トレメニューと頻度を紹介!初心者必見

 

それともしかすると加齢によって太る可能性もあります。

 

これは基礎代謝量が減少し消費するエネルギーが少なくなるからです。

 

基礎代謝量が高いと摂取したものをたくさんエネルギーにするので太りにくくなります。

 

基礎代謝量が低いとエネルギーにする量が少ないので太りやすくなります。

 

つまり若い時と同じ量を食べると太りやすくなってしまうわけです。

 

なので、いま悩んでいる人も将来的には太る可能性も秘めています。

基礎代謝が高いのは太りたい人に不利!下げるにはどうする?

 

まとめ

家族の影響で痩せ体型だとしても太ることはできるので、過度に悩んだり気にする必要はありません。

 

まずは日々の生活習慣を見直して太りやすい環境を作っていくことが大切です。

 

更に太りたい人には酵素サプリメントがおすすめです。

 

実は、痩せ型体質の人は栄養吸収率が低い傾向にあります。

 

栄養を吸収する力が弱いと食べても栄養になりにくく、食べても食べても太れない原因になります。

 

酵素サプリには栄養の吸収率を高める成分が複数配合されており、太れない人を太りやすい体質に変えてくれます。

 

詳しくはこちらにまとめています。

太りたいけど太れない人必見!何をしてもダメだった私が太れたサプリを紹介

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

痩せすぎの人が太る方法!痩せ型でも健康的に太るには?

30代主婦は子育てのストレスで痩せていく?原因や発散方法を紹介!

コーラを毎日飲むと太る理由!痩せてる人は飲まない方が良い?

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで