太りたい人は睡眠を大切に!痩せ型に理想の睡眠時間は?

スポンサーリンク

痩せ型体質というのは生まれ持ったものだけではなく、日頃の生活習慣から身につくこともあります。

 

睡眠もその一つ。

寝不足の状態が続くとますます痩せやすくなってしまいます。

 

今回は太るためになぜ睡眠が大切なのか、痩せ型に理想の睡眠時間について書きたいと思います。

太るために睡眠が大切な理由

一見関係なさそうな太ることと睡眠ですが、その関わりは結構深いです。

睡眠はただ疲労を回復するためだけではありません。

 

自律神経が整う

自律神経とは自分の意志とは関係なく働き、体の機能をコントロールしている神経のことです。

 

体温の調節や心臓・内臓を動かす、血圧の上げ下げなど生命活動を維持するために働いています。

太るために重要な胃腸の働きも自律神経が大きく関わっています。

 

この自律神経は「交感神経」「副交感神経」に分かれています。

  • 交感神経:「活動している時」「ストレス・緊張を感じている時」に活発
  • 副交感神経:「休息中」「睡眠中」「リラックスしている時」に活発

 

この2つがバランスよく働くことで健康的に日常生活を送れるわけですね。

 

またこれらは正反対の動きをします。

 

例えば胃腸だと

  • 交感神経:胃腸の働きを抑制
  • 副交感神経:胃腸の働きを促進

となります。

 

つまり我々は副交感神経が活発に働いている時に食欲を感じやすくなります

 

しかし、睡眠不足だと体がストレスを感じている状態になるため交感神経が活発に。

 

すると胃腸の働きが抑制されて、胃もたれ胃痛食欲不振を招き食事量が減ってしまいます。

 

また消化機能が弱まることで栄養を吸収しにくい体になります。

 

成長ホルモンが分泌される

また睡眠中は成長ホルモンを分泌しやすくします。

 

成長ホルモンとは筋肉や骨、内臓の成長・回復を促進し、太りやすい体質にしてくれます。

 

寝る子は育つと言いますが、それはこの成長ホルモンのおかげなんですね。

 

成長ホルモンは子供の時だけしか分泌されないイメージがあります。

しかし、加齢によって分泌量は減少していきますが、実は大人になっても分泌され続けています。

 

中学生や高校生など成長期の人は特に早寝早起きを心がけると太りやすくなります。

つい夜更かしをしたくなる年頃ですが太るためだと思ってここは我慢が必要です。

ガリガリな男子高校生が太るには?もう周りからいじられたくない!

太りたい痩せすぎ女子高校生が魅力的な女性になる秘訣は?

 

成長ホルモンが最も分泌されやすいのが22時~2時の4時間と言われています。

ですが、それよりも就寝1~3時間後の睡眠の質を高めることを意識した方が良いですね。

スポンサーリンク

痩せ型に理想の睡眠時間は?

寝不足になればなるほど食欲はわきづらくなります。

 

また痩せ型の人は普通体型に比べて疲れやすいのでそういった意味でも睡眠をしっかり取ることは大切です。

 

なので、理想は7~8時間毎日寝るのがベストです。

最低でも6時間は確保したいところです。

 

規則正しい生活リズムを身につける

就寝時間、起床時間を一定にした方が胃腸に優しく食事量が増えやすくなります。

 

休日などはつい夜更かしして次の日昼頃に起きてしまうなんてこともあります。

しかし、痩せ型の人がこういう生活をしていると食事のペースが乱れますし、朝食がなくなることで摂取カロリーも減るので良くないです。

 

平日でも休日でも変わらずに同じリズムで生活を送ると適したタイミングでしっかり食事を取ることができます。

 

私は成長ホルモンを促す・朝食を食べる時間を考えて10~11時就寝、6時起床を心掛けています。

太るための朝食メニュー!太りたい人は朝ごはんを食べよう

 

睡眠の質を高めるコツ

生活リズムを一定することに加え、

更に睡眠の質を高めるコツについていくつか紹介したいと思います。

 

寝る前の電子機器の使用を控える

寝る前はスマホやパソコン、テレビの使用を控えるようにしましょう!

 

電子機器が発するブルーライトは「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌を抑え、快適な睡眠を妨げます。

 

試しに

「寝る直前までスマホゲームをする」

「就寝1時間前に電子機器の使用を控える」

この2つをそれぞれ1週間ずつ試してみましたが、

後者の方が翌日の疲労回復具合が明らかに良かったです。

 

寝起きが良いことで朝ごはんもしっかり食べることで1日の食事量を増やすことができました。

 

「自分は寝る前にスマホを見てもぐっすり眠れる」と思っていても、実は体にストレスを与えている場合もあるので注意しましょう。

 

就寝1時間前には電子機器を使わないようにするのが理想ですね。

 

部屋の照明を暗くする

寝る1時間前から部屋の明るさを暗くして体を睡眠モードに持っていきましょう。

 

寝る前の照明は白い光よりも

 

オレンジや赤っぽい色の照明が良いですね!

 

 

ホテルの寝室みたいなイメージです。

 

また水のせせらぎなどのヒーリングミュージックやクラシック音楽をかけると更に良いですね。

副交感神経が優位になって眠りにつくのが早くなります。

 

私は照明を少し暗くして音楽をかけながら読書をするのが寝る前の日課ですが、このあと速攻で眠りにつけます。笑

 

まとめ

しっかり睡眠すると自律神経が整い、成長ホルモンが分泌されるので太りやすくなる

毎日7~8時間の睡眠時間を同じリズムで継続することが大切

 

痩せすぎに起こる主な症状をまとめてみました。

痩せすぎに起こる症状!日常生活に悪影響を与える場合も

気になっている体の不調は痩せすぎが原因かもしれません。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

痩せすぎの人が太る方法!痩せ型でも健康的に太るには?

頬がこける原因は痩せすぎ?癌など病気やストレスの可能性も

太りたいけど太れない人必見!何をしてもダメだった私が太れたサプリを紹介

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで