指を太くする方法!太さの平均と太くしたい人の鍛え方

スポンサーリンク

痩せすぎ体型の人は華奢な体に悩む人が多いですが、指が細すぎることも悩みの種の一つ。

 

男性で指が細すぎると弱々しい印象を相手に与えます。

 

女性の場合は、細い方が良しとされていますが、あまりに細すぎると心配されることもあります。

 

今回は指の平均サイズと指を太くする方法についてご紹介します。

指の太さの平均

明確に平均値があるわけではありませんが、指輪のサイズから大まかな平均値を出すことは可能です。

 

男性の場合は、15号~18号(55.5mm~58.6mm)

女性の場合は、8号~10号(48.2mm~50.3mm)

が平均的なサイズと言われています。

 

指輪のサイズ一覧

  • 6号:46.1mm
  • 7号:47.1mm
  • 8号:48.2mm
  • 9号:49.2mm
  • 10号:50.3mm
  • 11号:51.3mm
  • 12号:52.4mm
  • 13号:53.4mm
  • 14号:54.5mm
  • 15号:55.5mm
  • 16号:56.6mm
  • 17号:57.6mm
  • 18号:58.6mm
  • 19号:59.7mm
  • 20号:60.7mm
  • 21号:61.8mm
  • 22号:62.8mm

 

この一般的なサイズよりも小さい場合は、指が細いと言えます。

 

ただし、平均値でも指が長い場合は、視覚的に細く見えることもあります。

 

サイズの測り方

用意するもの

  • 紙(メモ用紙)
  • はさみ
  • 定規
  • ペン

 

まず、紙(メモ用紙)に折り目をつけ、細長(7cm程度)にハサミでカットします。

 

測りたい指の一番太い部分(第二関節あたり)にキツめに巻き付け、一周して重なったところにペンでチェックを入れます。

 

紙を定規にあてて、サイズを測ります。

スポンサーリンク

指を太くする方法

正直言うと、指を太くするのはかなり難しいです。

 

指には筋肉がほとんどありません。

胸・背中・太もも・上腕などの大きな筋肉と比べると太くしにくいので、これらと同じような成果を求めてしまうとまず成功しないです。

 

超がつくほどの長期的な視点で鍛えていく必要があります。

 

じゃあ脂肪をつければ良いという話ですが、痩せ型の人は脂肪がつきにくい体質であるため、末端部分の指にはなかなかつきません。

 

そもそも脂肪はピンポイントでつけられるものでもないです。

 

指はほとんどが骨でできているので、結局のところ生まれつきの骨格による影響が大きいです。

 

個人的には指を太くしようと頑張るなら、指の細さが気にならないくらい他の部位を鍛える方が断然おすすめです。

 

それくらい指を太くすることは難しいですし、ある程度マッチョになってからでも遅くないと思います。

 

ですが、それでも「自分はどうしても指を太くしたい!」という方もいると思うので、いくつかトレーニング方法をご紹介します。

 

指を動かす時は、そのほとんどが前腕の筋肉によるものです。

 

長い腱で指の関節と繋がっており、

  • 手のひら側が指を曲げる
  • 手の甲側が指を伸ばす

役割を果たしています。

 

前腕を太くすることが、結果的に指を強くします。

 

なので、ここでは指に負荷をかけつつできる、前腕のトレーニングをいくつか紹介します。

 

指立て伏せ

指を鍛えるトレーニングで真っ先に思い浮かぶのが指立て伏せでしょう。

 

通常の腕立て伏せは手のひら全体を床につけて行いますが、指立て伏せは手のひらを浮かせ指と足で体を支えます。

 

映画や漫画で指一本で指立て伏せをするマッチョを見たことがあると思いますが、いきなりこれをやるのは厳しすぎます。

 

最初は膝をついた状態から始めて、慣れてきたら5本の指で行います。

そして5本の指でできるようになったら、1本ずつ指を減らしていくと良いですね。

 

ただし、関節を痛めるリスクは大きいので細心の注意を払って行いましょう。

 

ちなみに硬い床に指をつけるよりも、指の下にマットやタオルをつけると安心です。

 

指懸垂

普通の懸垂は手のひらでしっかり握りますが、指懸垂は指だけで体を支えます。

 

親指以外の4本の指から始めて、

3本指(人差し指・中指・薬指)⇒2本指(人差し指・中指)⇒1本指(人差し指)

となるのが最終目標です。

 

いきなり体を上げ下げするのは難しいので、まずは体を動かさず指だけで体を支える状態をキープします。

 

暫く静止してもキツくならないようであれば、次のステップとして自分の限界回数まで上下動を繰り返します。

 

そして、徐々に指の本数を減らしていくという感じですね。

 

こちらも指には大きな負担になるトレーニングなので、怪我には十分注意しましょう。

 

ハンドグリップ

握力を鍛えるトレーニング器具として有名なハンドグリップも指を鍛えるのに効果的。

 

手軽に鍛えられるため、指立て伏せや指懸垂をやるための強化としてもおすすめです。

 

ハンドグリップは重量選びが大切になります。

 

1セット30回、40回もできるような重量ではあまり効果がありません。

 

1セット10回程度で限界がくる重量が目安なので、

男性35~40kg、女性25~30kgあたりから始めると良さそうです。

 

ちなみに、ハンドグリップは指を動かして、個々に力を働かせるトレーニングです。

 

そのため、手先が器用になるという思わぬメリットもあります。

ミュージシャンや演奏家は指のコントロールを磨くためにハンドグリップで指を鍛えることがあるそうです。

 

指の関節は鳴らさない

指を引っ張ったり、折ったりして関節をポキポキ鳴らすのはNGです。

 

関節を鳴らすと指が太くなると聞いたことがあるかもしれませんが、これは迷信です。

 

太くなるどころか、関節に負担をかけ、怪我の原因にもなるので絶対にやらないようにしましょう。

 

まとめ

今回は指の平均的な太さと太くする方法を紹介しました。

 

前述の通り、指に重点を置いて鍛える場合、無理に回数をこなそうとすると怪我の原因にもなります。

 

急激に太くなることはないので、無理せず地道に鍛えていきましょう。

 

今回紹介した以外の前腕のトレーニングはこちらにまとめています。

前腕を太くするダンベル筋トレ方法!頻度は毎日がいい?

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

手首が細い原因と基準は?筋トレは効果あるのか

ガリガリの筋トレは太ってからでないと意味がない?

ガリガリの自宅での筋トレメニューと頻度を紹介!初心者必見

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで