筋トレを毎日やってもいい部位はある?オーバートレーニングは注意

スポンサーリンク

皆さんご存知の通り、筋肉は超回復(トレーニング後に暫く休ませること)で、成長していきます。

 

しかし、中には毎日同じ部位を鍛えたいという人もいるでしょう。

 

超回復の理論は分かっても、毎日の日課にすることで精神力を鍛えたいという人もいます。

 

そこで今回は筋トレを毎日やってもいい部位はあるのかご紹介します。

筋トレを毎日やってもいい部位はある?

前述の通り、筋肉は超回復によって成長していきます。

 

筋トレで負荷をかけることで筋繊維が破壊され、その状態から回復する過程で以前よりも逞しい筋肉に成長します。

 

なので、効果的に筋肉を大きくしようと思えば、毎日同じ部位を鍛えるのはよろしくありません。

 

ただ、筋肉の回復時間は部位ごとに様々です。

 

一般的に48時間と言われていますが、それ以上かかる部位もあれば、それ以下の部位もあります。

 

そして筋肉の回復が早い部位であれば、毎日鍛えてはいけないこともありません。

 

では、どの部位の回復が早いのでしょうか。

 

一般的に、背中太ももなど大きく発達した筋肉ほど回復に時間がかかります。

 

これらの筋肉は簡単に疲労しないものの、一度疲れるまで追い込むと回復までに時間がかかる特徴を持っています。

 

一方で、前腕ふくらはぎの小さい筋肉や腹筋は回復が早いとされており、約24時間で回復します。

 

これらの部位であれば、毎日鍛えることも一応可能です。

筋トレで意識したい部位別ごとの超回復の期間!目安に合わせたメニューを紹介

スポンサーリンク

回復には負荷や個人差もある

ただし、毎日できるかどうかは負荷も大きく関係してきます。

 

例えば胸筋のトレーニングで、腕立て伏せとベンチプレスをする場合、

後者の方が確実に疲労度が大きく回復に時間がかかることは分かると思います。

 

筋肉にどれくらい負担がかかっているのかは、筋トレの頻度を見極める重要な判断材料です。

 

それに筋肉の回復には個人差があります。

普通の人が24時間で回復しても、人によってはそれ以上かかる事もあります。

 

私は前腕をとにかく大きくしたくて、毎日のようにリストカール、リバースリストカールをしていました。

 

筋肉がパンパンに張っていても気にせず鍛えていましたが、最終的には手首を痛める原因となってしまいました。

 

このように回復が早い筋肉とはいえ、回復には個人差がありますし、負荷の大きいトレーニングをすればそれだけ疲労回復に時間がかかります。

 

なので、回復時間はあくまで目安として捉え、あなたの筋肉の疲労度に応じて判断することが大切になります。

 

自分の筋肉の疲労度が分からないという人もいるかもしれませんが、これは高負荷のトレーニングをすれば大体分かります。

 

1セット12回ほどで限界が来る負荷で鍛える場合、翌日も筋肉の疲労感や張りを感じて「今日は無理だ」となります。

 

一方で、自重トレなど1回に30回もできるような低負荷のトレーニングだと、筋肉に疲労感は感じず「今日はいけそう」だと感じます。

 

私はこの感覚を大事にしており、

  • 筋肉痛がある
  • 筋肉に違和感がある
  • 筋肉に張りを感じる

これらの状態の時は毎日同じ部位のトレーニングは避けて、1日おくようにしています。

 

まとめ

今回は筋トレを毎日やってもいい部位はあるのか紹介しました。

 

毎日できる部位もありますが、絶対に無理は禁物です。

 

違和感・痛みを感じた場合は早急にトレーニングを中断して、筋肉を休ませましょう。

 

ダンベルを使ったトレーニングメニューはこちらにまとめています。

細マッチョになるためのダンベル筋トレメニュー!分割法がおすすめ!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

HMBとプロテインの同時摂取ができるビルドメイク24の凄さとは?

筋トレがめんどくさい時はどうする?面倒で続かない人の対処法

腕を太くするために腕立て伏せは効果があるのか?

モテないガリガリ男子高校生の筋トレ方法!意識したいポイントは?

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで