腕が細い悩みの原因!細すぎるコンプレックスを改善するには?

スポンサーリンク

ガリガリの人にとって「腕が細い」というのは深刻な悩みです。

 

周りから「細すぎる」「ガリガリ」などと言われてショックを受けたことがある人も多いと思います。

 

私もすごくコンプレックスに感じて、夏でも長袖を着ることが多かったです。

 

痩せ型の人はいっぱい食べて増量してもなかなか腕は太くなりにくいです。

これはなぜなのでしょうか?

 

今回は腕が細い悩みの原因、改善方法について紹介したいと思います。

腕が細い原因

腕が細い人は基本的に生まれつき痩せ型体質の人が圧倒的に多いです。

 

そしてこのタイプの人がいっぱい食べて体重が増えても腕は太くならずにお腹だけぽっこりしやすいです。

 

一方、普通の人は体重が増えればお腹、胸、腕、足など全身にバランス良く脂肪がついていきます。

 

この差は何なのかというと、

体内の「脂肪細胞」の数が大きく関係しています。

 

実は太れば脂肪が増えるわけではなく、

「脂肪細胞」が増えるのは胎児期乳児期(1歳まで)思春期の3回です。

それ以降はほとんど変化しないと言われています。

 

なので、この時期の食生活によって脂肪を溜めやすいか、溜めにくいかが決まるということになります。

 

生まれつき痩せ型の人はこの時期の食事量が少ない人が多いです。

そのため脂肪細胞が少ないまま年齢を重ね、結果として大人になっても腕の周りは細いままになります。

 

それでも太れば脂肪細胞自体は大きくなりますが、そもそもの数が少ないので目に見えるような変化は現れにくいです。

スポンサーリンク

細すぎるコンプレックスを改善するには?

とは言っても、痩せ型体質の人が細すぎる腕を改善できないわけではありません。

 

筋トレで筋肉をつけていけば、腕が太くなりバランスの良い体つきになっていくことが可能です。

 

筋肉はトレーニングで刺激していくことでどんどん大きくなっていきます。

 

筋繊維が破壊されるほどの刺激が加わるとこの刺激に耐えられるように発達していくんですね。

 

また闇雲に鍛えれば良いわけではなく、

  • 低回数×高負荷(1セット8~12回程度で限界がくる)
  • 正しいフォーム
  • 食事(摂取カロリーが消費カロリーを上回る)
  • プロテイン(タンパク質を摂取)

これらの条件が揃うとより発達していきやすいです。

 

特に食事面が重要で摂取カロリーが少ないと筋肉はどんどん分解されて細くなります。

結局食べることは腕を太くするために超重要です。

 

タンパク質は体重1kgにつき1.2~2gが理想的です。

 

また前述の通り、脂肪は体質の関係で狙ってつけることはできないですが、

筋肉は部位ごとにトレーニングメニューがあるので、腕をピンポイントで発達させていくことができます。

 

そして腕の筋肉のトレーニング方法ですが、腕立て伏せだけだと鍛えられる部位が限定的でバランス良く筋肉がついていきません。

ジムに行ったほうが確実ですが、ダンベルやチューブがあればトレーニングのバリエーションが増え、自宅でも十分成長していきます。

 

私は、

  • 「ダンベルカール」
  • 「ハンマーカール」
  • 「リバースプッシュアップ」
  • 「リストカール」

などのトレーニングをよくやっています。

 

詳しい方法はこちらを参考にして下さい。

腕を太くする方法!痩せすぎでも簡単な自宅筋トレ法を紹介!

 

まとめ

今回は腕が細い原因と改善方法について紹介しました。

  • 痩せ型の人は脂肪細胞が少なく体重が増えても腕は太くなりにくい
  • 細すぎる腕の改善は筋トレがおすすめ

 

ちなみに筋トレをする際は全身をバランス良く鍛えることも重要です。

胸や背中、腹、太ももなど軸となる部分がしっかりしていた方が腕の筋肉もつきやすくなります。

ガリガリの自宅での筋トレメニューと頻度を紹介!初心者必見

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

腕を太くするために腕立て伏せは効果があるのか?

胃腸が弱い人の特徴と体質改善方法!下痢の治し方はこれ!

血管が浮き出る理由は痩せすぎ?腕と足の血管が気になる!

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで