顔のげっそりを治す方法!頬がこけるのは改善できる?

スポンサーリンク

小顔に憧れる人には贅沢な悩みかもしれませんが、「顔がげっそりしている」というのは、痩せ型の人が感じるコンプレックスの一つです。

 

顔は隠すことができない部分ですので、誤魔化しが効かないですし、細すぎと指定された時は辛いものですよね。

 

実際、痩せすぎで頬がこけると、老けて見えたり、不健康そうに見えてしまいます。

 

しかし、あることを意識すればげっそり顔を改善することは可能です。

 

今回は顔を太くする方法をまとめたので、参考にしてみて下さい。

げっそり顔のデメリット

げっそり顔を改善したいという事は、そこに何かしらのデメリットを感じているからこそ、ふっくらした顔を求めているという事ですね。

 

げっそり顔のデメリットとしては、

  • 体調が悪そう
  • 実年齢よりも老け顔
  • 不幸そう
  • 体の細さを強調してしまう

こういったものがあります。

 

例えば、芸能人の方は少しでも顔が痩せると、

  • 「激ヤセに心配の声」
  • 「痩せすぎの真相とは」

こんな見出しでネットニュースに取り上げられてしまいます。

 

そして、体調を心配する内容や老けたのか検証する内容の記事が多いですね。

 

痩せていることが美しいとされる現代でも、肉付きが悪いとやっぱりマイナスな印象を持たれてしまうんですね。

 

私も痩せていた頃は、

  • 「顔色悪いよ!大丈夫?」
  • 「風邪引いてる?」

元気なのに散々言われてきました。

 

まあ仮病を演出できるというメリットはありますが、大人になった今ではあまり意味がありません。笑

 

一方で顔がふっくらしてくると、肌が水分を含んで潤いやハリが出るので、健康的で若々しい印象を与えることができます。

 

そのため、男性はより精悍に、女性はより可愛らしい顔つきになります。

 

特に女性は輪郭的にふっくら丸みを帯びた顔の方が魅力的に写りやすいです。

 

顔がげっそりして表情まで暗いと、本来の魅力も半減してしまいます。

 

げっそり顔を治す方法

ほっそりとした顔を治す方法はいたってシンプルで、

「顔の筋肉をつける」

「脂肪をつける」

この2つで改善されやすくなります。

 

顔の筋肉をつける

まず、筋肉について。

 

顔の筋肉には皮膚や脂肪を支える土台としての役割があります。

 

筋肉の支える力が弱くなると、頬が下に垂れ下がります。

 

すると、元々顔の脂肪が少ない場合、頬がこけやすくなってしまうのです。

 

近年はスマホパソコンを使用する機会が増え、顔の筋肉を使う回数が減ってきています。

 

このように表情豊かにスマホを操作するよりも、

無表情で操作する人の方が多いですよね。

 

デスクワークの人も長時間パソコンを操作するので顔の筋肉を使う頻度が少ないです。

 

筋肉は使わないと当然衰えていくので頬がこけた顔になりやすくなります。

 

また、加齢やストレスの影響でも、顔の筋肉は衰えやすいです。

 

特に近年はストレス社会。

辛いことや悲しいことを抱え込みすぎると、いつの間にか無表情になる機会も増えます。

 

そして、筋肉が衰えることで血行も悪くなっていきます。

すると肌色が悪く見え、頬こけを強調してしまいます。

 

では、顔の筋肉はどのように鍛えれば世のでしょうか?

 

顔の筋肉は表情筋咀嚼筋の2つに大きく分類されます。

 

それぞれの筋肉の鍛え方を見ていきましょう。

 

表情筋の鍛え方

表情筋は眉、目、鼻、頬、口などのパーツを動かす時に使われる筋肉でおよそ30種類以上もあります。

 

代表的なものだと前頭筋、眼輪筋、鼻筋、頬筋、口輪筋などですね。

特に頬がこけている人は頬筋を中心に鍛えると良いですね。

 

日常で使われる表情筋は3割ほどと言われており、

日常生活で使う機会は少ないのでしっかりトレーニングすることが大切です。

 

トレーニングといっても難しいものではなく誰でもできるシンプルなものです。

 

表情筋を鍛えるトレーニング方法

あいうえお運動

これは単純に「あ・い・う・え・お」の口の動きを連続してやるだけです。

 

ただし、大げさにやることが大切になります。

  • あ:口をしっかり大きく開ける
  • い:口を左右にしっかり伸ばす
  • う:口をしっかりすぼめる
  • え:口角をしっかり上げる
  • お:口を上下にしっかり伸ばす

 

この動きを連続させることで頬の筋肉にも刺激を与えることができます。

 

笑顔

これもシンプルで「笑顔の状態を10~20秒キープしその後10秒休む」

 

この動作を連続させるトレーニングです。

 

笑顔は口角が上がっている状態なので、頬筋をしっかり刺激できます。

 

こちらの動画で紹介されているように割り箸を使うのも非常におすすめです。

 

普段無表情で過ごしているといつの間にか口角が下がってしまい悪い印象(不機嫌・老けなど)を相手に与えてしまいます。

また不自然な笑い方にもなってしまいます。

 

口角を上げる練習をすることで笑顔も素敵になり良い印象を相手に与えることが可能です。

 

不思議と気持ちも前向きになるのでおすすめですね。

 

咀嚼筋の鍛え方

咀嚼筋は食べ物を噛む際に使われる筋肉で咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋の4種類から成り立っています。

 

咀嚼筋は名前の通り、咀嚼回数を増やすことが効果的な対策です。

 

柔らかい食べ物よりも噛みごたえのある食べ物の方が当然咀嚼筋は鍛えられやすいです。

 

私のおすすめはガムですね。

食事中しか咀嚼筋は使われませんが、日常生活にガムを取り入れることで咀嚼回数は格段に増えます。

 

片側だけではなく、左右両方にガムを入れて噛むとバランス良く鍛えられて、たるみ改善効果も期待できます。

 

また、太りたい人にとって、食事中によく噛むことはとっても大切。

 

咀嚼回数が増えると消化酵素である唾液がたくさん分泌されるので消化力を高める効果があります。

 

もし唾液の分泌量が少なく食べ物が固形のまま胃の中に入ると、胃腸の消化機能に大きな負担を与え消化不良を起こしやすくなります。

 

胃腸に負担をかけないためにもよく噛んで唾液を分泌させた方が良いです。

 

ただ、あまり噛みすぎると今度は満腹中枢が高まってお腹いっぱいになりやすいです。

 

一口20~30回ほど咀嚼してドロドロになってきたら飲み込むと良いでしょう。

 

それと片側の歯で噛みすぎないようにすることも大切です。

 

片側で噛むことが癖になると噛み合わせがずれて頬がこけやすくなります。

 

虫歯や口内炎があると痛みを避けるために片側で噛むことが多くなるのでしっかり治療しましょう。

胃腸が弱い人の特徴と体質改善方法!下痢の治し方はこれ!

スポンサーリンク

脂肪をつける

脂肪がないことが原因で頬がこける場合は、しっかり食べてふっくらさせることも大切です。

 

ですが、脂肪というのはピンポイントでつけることは難しいです。

 

筋肉であればトレーニングの種類によって狙った部位を鍛えることができますが、

「腕に脂肪をつけよう!」「太ももに脂肪をつけよう」と思っても、実際にそこだけを狙ってつけていく方法は分からないですよね。

 

なので、

栄養バランス良くしっかり食べて体重を増やす➡体全体に脂肪がついていく

これが理想です。

 

体重が3~4kg変わるだけでも顔をふっくらしてきます。

自分では大した変化がないように見えても、人から見た時の印象はかなり違います。

 

ちなみに栄養バランスが良いとは、「主食」「主菜」「副菜」「汁物」「果物」が揃った食事です。

  • 主食:ご飯・おにぎり・パン・うどん・スパゲッティなど炭水化物が豊富な食品。
  • 主菜:肉・魚・卵・大豆食品などタンパク質が豊富な食品を使った料理。
  • 副菜:野菜・きのこ類・海藻類などビタミン・ミネラルが豊富な料理。
  • 汁物:味噌汁・スープなど。

こんな感じですね。

 

副菜が増えれば自然と栄養バランスが整いやすくなります。

副菜は結構見落としがちなので、意識的に食べるようにしたいところです。

 

主にサラダやひじきの煮物、ほうれん草のおひたしなどが副菜に当てはまります。

 

アミノ酸で肌にハリを出す

顔に狙って脂肪をつけるということは難しくても、ハリを出すことでげっそり感をカバーすることはできます。

 

肌のハリを出す成分として真っ先に思い浮かぶのがコラーゲンではないでしょうか?

 

テレビのグルメ情報を見ていると「コラーゲンたっぷりでお肌もプルプルに!」なんてことをよく聞きますし、「コラーゲンが肌に良い」ということは多くの人の常識になっています。

 

実際にコラーゲンは肌の表皮を支えており、細胞と細胞の間でクッションのような役割を果たしています。

 

肌のハリはコラーゲンが支えているといっても過言ではなく、不足すると肌のハリ・潤いがどんどんなくなってしまいます。

 

しかも加齢とともに減少していくので、肌の弾力性を保つためにコラーゲンを増やすことは大切です。

 

とはいえ、コラーゲンを闇雲に食べれば良いわけでもないです。

 

実は、食事で摂取したコラーゲンがそのまま肌の栄養になるわけではありません

 

コラーゲンはタンパク質の一種です。

 

タンパク質はアミノ酸を構成単位としており、

数十から数千ものアミノ酸が繋がったものがタンパク質となります。

 

つまり、いくつものアミノ酸が結びつくことでコラーゲンはできています。

 

そして、コラーゲン(タンパク質)は体内に取り込まれ、消化が進むとアミノ酸に分解されます。

 

そして、アミノ酸として小腸で取り込まれて体全体に送られます。

この時、アミノ酸は骨、内蔵、血管など生命維持に重要な部分から優先して使われます。

 

そして残ったアミノ酸のいくつがコラーゲンとなって肌のハリを支えます。

 

「コラーゲンを食べてそれがすぐ肌のコラーゲンになる」という認識は間違っているということですね。

 

そして、コラーゲンが体内でアミノ酸として吸収されるのであれば、

顔をふっくらさせるにはアミノ酸の摂取量を増やすことが大切になります。

 

アミノ酸は「必須アミノ酸」「非必須アミノ酸」に分けられます。

 

「非必須アミノ酸」は体内で作ることができるのに対し、

「必須アミノ酸」は体内で作ることができません。

 

つまり、食事から摂取する必要があるということです。

 

必須アミノ酸

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • リジン
  • トリプトファン
  • ヒスチジン
  • スレオニン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン

 

必須アミノ酸はタンパク質が豊富な食品、

中でも肉類魚類卵類などの動物性タンパク質に多く含まれています。

 

ただ、動物性タンパク質は消化に悪い食べ物が多いです。

 

脂身がいっぱいあるお肉を食べた後に気持ち悪くなった経験はあると思います。

 

特に胃腸が弱い痩せ型の人が食べ過ぎると胃もたれが起きやすいです。

もちろん胃に留まる時間も長いので、空腹を感じず食事量が減りやすくなります。

 

そこで、「鶏肉」「白身魚」(タイ・カレイ・ヒラメなど)、動物性タンパク質の中でも消化に良い食べ物を選ぶと良いでしょう。

 

また、植物性タンパク質の「豆腐」は消化も良く、動物性タンパク質に匹敵するほど必須アミノ酸の含有量が高いのでおすすめです。

 

そして、アミノ酸に合わせてビタミンCも意識して摂取すると効果的です。

 

ビタミンCには体内でコラーゲンの再生をサポートする作用があります。

 

主に「ピーマン」「パセリ」「キャベツ」「ゴーヤ」「ブロッコリー」「レモン」「いちご」「キウイ」などに多く含まれています。

 

結局、栄養バランス良く食べることが大切になるということですね。

 

ちなみにコラーゲンは、

  • 豚足
  • 牛すじ
  • 豚バラ
  • 手羽先
  • スッポン
  • フカヒレ
  • エイヒレ
  • カレイ
  • エビ
  • うなぎ
  • ナマコ
  • ゼリー
  • プリン

などに豊富に含まれています。

 

基本的には動物性タンパク質の食品で、消化に悪い物が多いです。

 

この中であれば、「手羽先」「カレイ」「エイヒレ」あたりが消化も良くおすすめと言えそうです。

 

酵素サプリで肌に栄養が行き届く

そして、

  • 「食べた分をしっかり体重に還元する」
  • 「肌に栄養を届ける」

これらをより可能にするのが酵素サプリです。

 

コラーゲンで説明した通り、

食べ物は体内に入れたからといってそのまま栄養になるわけではありませんし、体重増加に繋がるわけではありません。

 

しっかり消化(分解)し、小腸で吸収することで始めて栄養となり、体重も増えていきます。

 

ですが、太れない体質の人は消化が弱いので、いくら食べても消化できずに太れないという状況に陥ってしまいます。

 

そこで消化・吸収に高い力を発揮する酵素サプリがおすすめです。

 

酵素は食べ物の消化吸収に高い効果を発揮します。

 

私も酵素サプリを飲み始め増量に成功してから「顔色が良くなった」「爽やかになった」と言われることが多くなりました。

 

サプリについて詳しくはこちらにまとめています。

太りたいけど太れない人必見!何をしてもダメだった私が太れたサプリを紹介

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

痩せすぎに起こる症状!日常生活に悪影響を与える場合も

痩せすぎで尾てい骨が痛い!座ると痛いを解消するには?

ガリガリから太る方法実践記【1ヶ月目】とにかく食べて食事量増加

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで