ウエイトゲイナーの国産と海外産を比較!コスパ最強はチャンピオン

ウエイトゲイナーには国産と海外産があります。

 

これから買おうと思っている人はどっちがおすすめ知りたいですよね。

 

今回は国産と海外産ではどっちがいいのか、おすすめのウエイトゲイナーを紹介したいと思います。

ウエイトゲイナーは国産と海外どっちがいい?

国産と海外産のウエイトゲイナーを比較するとカロリー量と脂質が圧倒的に違います。

 

国産は300kcal~400kcal程度ですが、海外産は1杯約600kcal。

ものによっては1000kcalを超えてくるものもあります。

 

加えて脂質も多いのでかなり違います。

海外のボディビルダーやアメフト選手の肉体が凄いのも納得ですね。笑

 

しかし、それ故に痩せ型の日本人が飲むにはきついです。

製品に記載されている目安量通りには飲めないですし、飲めてもお腹を壊しやすいです。

 

量を減らせば問題なく飲めるのですが、消化不良を起こしやすい人は国産から試した方が良いかもしれませんね。

あと海外産はちょっと怖いという人も国産から試してみると良いと思います。

 

一方、海外産はとにかく早く太りたいできるだけ安く買いたいという人におすすめ。

後述しますが海外産の方がコストパフォーマンスは圧倒的に良いです。

 

おすすめの国産ウエイトゲイナー

ゴールドジム


GOLD’S GYM ウエイトゲイナー チョコレート風味 1kg

 

ゴールドジムのウエイトゲイナーは他製品よりもタンパク質が豊富にあります。

増量を目的としているウエイトゲイナーはタンパク質は控えめになりやすいのでこれは嬉しいですね。

 

なので、「体重を増やしたい」プラス「筋トレで筋肉をしっかりつけたい」という人にはおすすめですね。

 

Kentai


Kentai NEWウェイトゲイン アドバンス ミルクチョコ 3kg

 

こちらのウエイトゲイナーは他製品よりもカルシウムが多く含まれています。

また保存料・着色料・人工甘味料を使用していないので健康的に太りたい人におすすめです。

 

また味はココア味で「市販のココアか」と思うほど美味しく飲みやすさは最高レベルです。

牛乳はもちろん美味しいですが、水に溶かしても普通に美味しいです。

 

なので「プロテイン系は味が不味くて苦手」という人にも是非一度試して欲しいですね。

 

おすすめの海外ウエイトゲイナー

チャンピオン ヘビーウェイトゲイナー


ヘビーウェイトゲイナー 900 チョコレート 3.2kg [並行輸入品]

 

国内外で高い人気を誇るウエイトゲイナーです。

 

ヘビーウェイトゲイナーはなんといってもコストパフォーマンスが最強。

国産と比較しても2000~3000円は安く手に入りますし、高カロリーでタンパク質も豊富です。

 

ウエイトゲイナーはプロテイン同様習慣化して飲まないといけないので毎回高いお金を払うのはしんどいです。

せっかく増量し始めたのにお金ないからもう買えないとなっては勿体無いですよね。

 

低価格で買えて高い効果を実感できるこちらの製品はモチベーションも維持しやすいと思います。

 

難点としてはビックリするくらい甘いところです。

「こんな甘いの飲んだことない」ってくらい甘いです。笑

ウエイトゲイナーのデメリット!糖尿病や下痢のリスクはあるのか?

 

まとめ

今回はウエイトゲイナーは国産と海外どっちが良いのか、おすすめのウエイトゲイナーを紹介しました。

国産と海外産はカロリー量が違う

消化不良を起こしやすい人、海外産が怖い人は国産

とにかく太りたい、安く買いたい人は海外産がおすすめ

 

ちなみに痩せ型体質の人はフトレマックスというプロテインもおすすめです。

フトレマックスは太りたい人専用のプロテイン

炭水化物やタンパク質を吸収しやすい形で配合しているので、痩せ型の人でも効率的に太ることができます。

また、中国産の原料や着色料、人工甘味料などを一切使用していないので安心して飲めます。

私も試してみてから着実に体重を増やすことができています。

フトレマックスの効果と成分や副作用!本当に太るのか試してみた

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

痩せすぎの人が太る方法!痩せ型でも健康的に太るには?

ウエイトゲイナーの飲み方と飲むタイミング!朝や筋トレ後がいい

ガリガリから太る方法実践記【1ヶ月目】とにかく食べて食事量増加

シェア!

Twitterで