カゼインプロテインが溶けない!溶かし方のコツを紹介!

スポンサーリンク

カゼインプロテインの特徴として飲みづらいという点があります。

 

ホエイプロテインよりもダマができやすいので溶けにくいですし、独特なとろみもあるので苦手な人も多いです。

 

今回はカゼインプロテインの溶かし方のコツを紹介したいと思います。

カゼインプロテインが溶けにくい理由

カゼインプロテインは性質上ドロドロして固形になりやすいです。

溶けにくいのでイライラする人も多いでしょう。

 

しかし、この性質こそカゼインのメリットでもあります。

 

カゼインは胃に入ると固まります。

そしてこの固まりを長い時間をかけて分解していくんですね。

 

すると長時間栄養を吸収することができ筋肉の分解を防ぎやすくなります。

 

ドロドロした性質は筋肉にとってはいいことなんですね。

 

しかし、そうはいってもできるだけ溶かして飲みやすくしたいと当然思いますよね。

カゼインの性質と言われても飲むことが面倒になってしまっては元も子もないです。

 

溶かし方のコツは?

前述の通り、カゼインはホエイなど他のプロテインに比べて溶けにくいです。

なので、溶かす際には工夫して溶けやすくする必要があります。

 

溶けやすいプロテインシェイカーを選ぶ

カゼインプロテインではシェイカーは必須です。

コップに入れてスプーンでかき混ぜるだけではまず溶けません。

 

そしてできれば本格的なシェイカーがいいです。

 

蓋と容器だけという簡素なプロテインだとどうしても溶けにくいです。

もちろん「安い」というメリットは計り知れないですが。

 

値段は高いですが、バネが付いているものだったり、ミキサー型のシェイカーの方がカゼインの場合は断然溶けやすいです。

 

プロテインを後に入れる

水や牛乳よりも先にプロテインを入れる人は結構多いと思います。

 

しかし、先にプロテインを入れてしまうと底にある状態なので、粉末が底に張り付いて固まりやすくなります

カゼインは固まる性質があるので尚更ですね。

 

そこで先に水や牛乳を入れてからプロテインを投入するようにします。

これだけでも溶け残りをなくしやくなるのでおすすめです。

 

そして入れた後は放置せず速やかにシェイクすることでダマになりにくくなります。

スポンサーリンク

水で溶かす

カゼインの場合、牛乳で溶かすと水よりも固まりやすい傾向にあります。

 

牛乳にはカルシウムや脂質など栄養素が多く含まれているのでこれがカゼインと混ざることで粘度を生み出しているのかなと思います。

 

実際に水の方が溶けやすいと実感しているので一度試してみて下さい。

 

常温で溶かす

当然冷たい物で溶かすよりも温度が高い方がより溶けやすくなります。

 

ただ、タンパク質は高温すぎても溶けにくくなるので常温の水で溶かすのが良いですね。

 

ホエイと混ぜる

ホエイプロテインと混ぜることでカゼインの固まりやすい性質が抑えられて溶けやすくなります。

 

ただ、ホエイと混ぜると吸収が早くなるのではと心配する人もいると思います。

 

私もカゼインの溶けにくい性質に悩みジムのトレーナーに相談したのですが、「ホエイと混ぜて飲んでも全く問題ない」とのこと。

 

半分くらい混ぜても吸収は遅くなるそうです。

 

最近はホエイ・カゼインを50%ずつ配合したプロテインも販売されていますし、そちらを試してみるのも良いかもしれませんね。

カゼインプロテインのデメリットと副作用!癌になる噂は本当?

 

まとめ

カゼインプロテインの溶かし方のコツ

  • 本格的なシェイカーを使う
  • プロテインを後に入れる
  • 常温の水が一番溶けやすい
  • ホエイプロテインと混ぜる

 

今回の記事が飲みにくさの改善に繋がれば幸いです。

 

痩せ型の人が健康的に太る方法はこちらにまとめています。

痩せすぎの人が太る方法!痩せ型でも健康的に太るには?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

太るプロテイン「フトレマックス」の効果と成分や副作用!本当に太るのか試してみた

ストレスで痩せる理由!食欲はあるし食べてるのになぜ?

太らない体質の原因と理由を知って改善策を見つけよう!

スポンサーリンク