ガリガリでジムに行きづらい!周りの目が気になる人は自宅から!

スポンサーリンク

ガリガリ体型で悩む方の中には、筋トレをしようと考える人が多いと思います。

 

実際、筋肉がつけば体も大きくなりますし、自分への自信になります。

 

そして、中にはジムでしっかり鍛えたいという人もいると思います。

 

ジムは色んな器具やマシンがありトレーニングのバリエーションが豊富で、周りの人が黙々と鍛える姿に触発されて自然とモチベーションが上がるので非常におすすめです。

 

でも、

「ガリガリな自分がジムに行って恥をかかないだろうか?」

と不安に感じますよね?

 

実際、ガリガリでジムに行きづらいからと諦める人は結構います。

 

果たして、ガリガリの人がジムに行っても大丈夫なのでしょうか?

ガリガリがジムに行っても大丈夫?

ガリガリな人からすれば「ジムはマッチョな人の集まりで自分が行くと場違いなのでは?」というイメージが強いのではないでしょうか。

 

私もジムに行く前はゴリゴリのマッチョの方が、到底自分では持てないバーベルを持ち上げる姿を想像していました。

 

しかし、

いざ行ってみると「マッチョばかり」というイメージは払拭されるので安心して下さい。

 

マッチョな人は勿論多いですが、太っている人や同志である痩せ型の人も結構います

 

最初は不安が大きくて行きづらさはあると思いますが、1度行けば思ったよりハードルは低いなと感じると思います。

 

そして、周りの目が気になって行きづらい人もいるかもしれませんが、

そもそも、ジムの中ではあなたの体型を誰も気にしていません

 

みんな自分の筋肉を大きくすることだけを考えて、懸命にトレーニングしているので、いちいち痩せている人を見つけてバカにしてくることはまずないです。

 

そもそも今はマッチョな人でも昔は、太っていたり、痩せていたり、体型の悩みを持っていた人が大半です。

 

自分の体にコンプレックスを感じて本気で体を変えようと努力してきた人たちなので、人の体型を見てバカにすることは決してないでしょう。

 

もしかしたら若い人でガリガリの人を内心見下している人がいるかもしれませんが、そういうのは別に気にすることでもないかなと思います。

ムキムキになって見返せば良いだけです。

 

むしろ気にするべきはジムでのマナーです。

 

例えば、「マシンをずっと独占している」とか「マシンに座り込んで休む」とかはNG行為です。

 

セット間の休憩であればよいですが、トレーニングが終わったのにマシンに座り込んで休むというのはマナー違反です。

 

それとトレーニング後は「タオルでシートを拭く」のがマナーです。

 

こういう基本的なマナーを守れないと、不快感を与えるので注意しましょう。

 

行きづらい人におすすめのジムは?

筋トレ初心者でジムに行きたい場合は、コナミスポーツクラブなどの「スポーツジム」「公共のジム」がおすすめ。

 

これらはマッチョになることだけが目的ではなく、ダイエットや健康のためなど色んな人がいます。

 

なので、スリムな人も多いですし、おじいちゃんもいますね。

 

私がよく行く所だけかもしれませんが、

公共のジムは平日に行くとほとんどが高齢者の方で、びっくりしました。

 

ゴールドジムなどのトレーニングジムも全員がマッチョというわけではありません。

 

ただ、ボディビルダーのような見事な肉体美を持った人が多いので、最初は圧倒されるかもしれません。

 

まずは公共のジムに行き、自信がついたらゴールドジムに行くというパターンは結構ありで、基盤を作ってから本格的なジムに行く人は実際に多いです。

 

もちろん「自分は絶対マッチョになるんだ!」という強い意志のある方はいきなりゴールドジムに行っても全く問題ありません。

 

トレーニングジムは公共のジムよりもマシンが充実しているのでいろんな鍛え方ができますよ。

 

それとお金に余裕のある方限定ですが、

もしあなたが本気で痩せ型を克服したいのであればプライベートジムに行くと良いでしょう。

 

プライベートジムの代表例としてはライザップなどがそうですね。

ライザップはダイエットのイメージが強いですが体を大きくしたい人にもしっかり対応しています。

 

プライベートジムは専属のトレーナーがマンツーマンで指導してくれます。

筋トレの正しいフォーム、筋トレメニューも教えてくれるので自分でやるよりも圧倒的に効率性が違います。

しかも個室の所がほとんどなので周りの目を気にせずトレーニングできます。

 

また太るための食事方法なども教えてくれるので高確率で痩せ型を克服できるでしょう。

 

ただし、なかなかの金額になりますので相当の勇気と覚悟が必要だと思います。

スポンサーリンク

自宅でも筋トレはできる

 

 

「誰も見ていないとしても、どうしても周りの目が気になってしまう」

 

「軽い重量しか扱えない自分がどうしても嫌だ」

 

 

 

という人は、自宅でトレーニングするのが良いですね。

 

当然ジムの方が質の高いトレーニングができます。

 

ですが、

自宅トレが全く駄目なわけではなく、

しっかり継続できれば、十分筋肉がついていきます。

 

そもそも、まだ筋トレに慣れていない初心者の方は器具やマシンを使うよりも自重トレから始めた方が良いかもしれません。

 

筋肉がないのに重い重量を扱うと腰を痛めるなど、怪我の原因になります。

 

自重トレは腕立て伏せスクワット腹筋など一度はやったことの馴染み深いトレーニングが多いです。

最初は、これを継続的にやることで筋肉の発達を実感できます。

 

ただ、負荷自体は軽いので、慣れてくると何十回も連続で出来てしまうようになります。

 

これは、筋肉が刺激に慣れてきた証で、もっと太くしたい場合は更に負荷を強くする必要があります。

 

自重トレに慣れてきたこのタイミングでジムに行くのも良いですし、

まだ行きづらい場合は、ダンベルを購入するのがおすすめです。

 

ダンベルを使ったトレーニングで、筋肉に新たな刺激が加わりどんどん発達していきます。

 

そうして10~20kg程度を余裕で扱えるようになってきたら、ジムへのハードルはかなり下がっているはずです。

 

もちろんもっと重い重量を購入して、自宅で鍛え続けるのもありです。

 

ただ、自宅だとベンチがないとできるトレーニングが限られるので(特に大胸筋)、もっともっと体を大きくしたいと思えば本格的なジムに挑戦するのが良いのかなと思います。

 

筋トレ初心者におすすめのダンベルはこちらです。

ガリガリ男性でも使えるダンベルを紹介!コスパ抜群はこれ!

 

まとめ

今の自分の体型を変えてくてジムに行く人がほとんどなので、周りの目を気にする必要はなし

本気で痩せ型を克服したい人はプライベートジムがおすすめ

どうしても行きづらい場合は自宅でもOK

ただし、トレーニングのメニューは限られる

 

当然、ガリガリだからジムに行ってはいけないということはありません。

 

ジムにいるマッチョな人も最初からムキムキだったわけではなくトレーニングを積んだからこそいまがあります。

 

なので、あなたが筋肉をつけたいと思うのであれば、もう年齢や現時点での体型を全く気にする必要はないです。

 

ジムであれ、自宅であれ、理想の体型を手にするために、ひたすら鍛えていきましょう。

 

そして、トレーニング後はプロテインの摂取を忘れずに。

 

ガリガリ体型におすすめのプロテインはこちらで紹介しています。

HMBとプロテインの同時摂取ができるビルドメイク24の凄さとは?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

腕を太くするために腕立て伏せは効果があるのか?

太りたい男子大学生の痩せすぎ克服方法!モテる体になるには?

ガリガリの自宅での筋トレメニューと頻度を紹介!初心者必見

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで