夏は食欲がないから痩せてしまう!太りたい人におすすめの食べ物は?

夏は食欲がわかず食事量が減りやすい季節です。

 

食事が進まず気づけば2kgも痩せていたなんてことは普通にあります。

 

夏は海に行ったり肌の露出も多くなるのでこれ以上痩せるのは避けたいですよね。

 

今回は夏食欲がなくなる原因や夏太りたい人におすすめの食べ物を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夏は食欲がないから痩せてしまう!原因は?

夏食欲がなくなる原因は人それぞれですが、主に以下の理由が考えられます。

 

基礎代謝の低下(体がエネルギーを求めない)

夏は汗を大量にかきますし一年で最も体力を使う季節と思いがちですが、意外なことに夏は基礎代謝が落ちます。

人間は体温を常に一定に保とうとするのですが、この時多くのエネルギーを消費しています。

特に寒い冬は冷えた体を温めようとするので多くのエネルギーを使います。

一方、夏の暑さは体温と近いためそこまでエネルギーを必要としません。

なので、食欲がなくなりやすく、食事量が減ってもあまりお腹が空きません。

 

交感神経が活発になる

夏の暑い環境は交感神経の働きを活発にさせます。

 

交感神経が活発になると食欲の中枢を担う副交感神経が働きにくくなります。

なので、日差しにあたりすぎるとどんどん食欲がなくなってきますし、胃腸の機能も低下させるので食べ物をあまり入れたくない状態になります。

 

夏に1日中外にいると何も食べたくなくなる経験はあると思いますがこれが原因のようですね。

 

冷たい物を取りすぎる

夏は炭酸やかき氷、アイスなど冷えた物を口に入れたくなりますよね。

冷たい物を摂取することで喉や口は癒やされますが、胃腸には大きな負担になっています。

少量であれば良いですが、継続的に摂取しすぎると胃腸の機能が低下し食欲減退に繋がります。

夏は熱中症の危険があるのでこまめに水分補給をすることは大切ですが、アイスやかき氷の食べ過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

太りたい人におすすめの食べ物は?

夏は無理に食べ過ぎるとかえって胃腸の機能を悪くする危険もあるので、食欲を増進させるような食べ物を体に入れると良いです。

 

私のおすすめは梅干しです。

 

梅干しと酢には食欲を増進させるクエン酸が豊富にあります。

また酸っぱいので唾液と胃酸を分泌しやすく食欲が復活してきます。

 

私はレモン酢を作って食事前に飲むようにしています。

何も食べられないと思った時に摂取すると結構お腹が減ってきます。

 

 

酢の飲み過ぎは内蔵に良くないので1日2杯までにしています。

 

作るのが面倒くさい人は梅干しを一粒食べたり、大さじ一杯分の酢を水などで割って飲むのもありです。

食事の時に梅干しや酢の物を一品用意するのも良いでしょう。

 

また具体的な料理ではカレーライスがおすすめです。

 

カレーに配合されるスパイスはクエン酸同様に食欲増進の効果を期待できます。

またらっきょうにも食欲を増進させる硫化アリルが含まれていうるのでカレーと一緒に食べると尚更良いですね。

 

まとめ

今回は夏に食欲がなくなる原因や夏でも太りたい人におすすめの食べ物を紹介しました。

夏に食欲がなくなる原因は「基礎代謝の低下」「交感神経が活発になる」「冷たい物の取りすぎ」などがある

太りたい人は梅干し、酢、カレーライスがおすすめ

 

あと朝食をしっかり食べることもお忘れなく。

昼食や夕食の食事量が減りやすいからこそ朝食はしっかり食べたいところです。

太るための朝食メニュー!太りたい人は朝ごはんを食べよう

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

太りたい人は炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素を摂ろう

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで