筋肉がつきにくい体質の特徴は?男性は痩せ型に多い!

スポンサーリンク

筋トレをしても筋肉がまったくつかない…。

 

筋肉がつきにくい体質に悩んでいる人は多いと思います。

特に痩せ型の男性に多いのではないでしょうか。

 

私も筋肉が中々つかないのでこの悩みはよく分かります。

 

どうして鍛えても鍛えても筋肉がつきにくいのでしょうか?

気になったので調べてみました。

筋肉がつきにくい体質の特徴

残念ながら筋肉がつきやすい人とつきにくい人は実際に存在しており、

両者が同じトレーニングをしても得られる効果は違います。

 

なぜ筋肉がつきにくいのかその特徴を見ていきましょう。

 

筋繊維の数が違う

筋肉が「つきやすい体質」の人と「つきにくい体質」の人では筋繊維の数が異なります。

 

筋トレをすると筋肉が増えるイメージを持っている人もいるかと思いますが、実は鍛えても筋肉が増えるわけではありません。

筋肉を構成する筋繊維が太くなることで大きく見えるのです。

 

筋繊維が同じ大きくなっても筋繊維の数が違えば、当然筋肉量も変わってきます。

なので、筋繊維の多い「筋肉がつきやすい体質」の人はより筋トレの成果を実感できるわけです。

 

そしてこの筋繊維は胎児の時に最も増加しやすく、生後劇的に増えることはありません。

また加齢によって筋繊維は細くなるので筋トレを継続して太さを維持することが大切です。

 

遺伝で筋肉繊維の割合が決まる

筋肉繊維は「速筋」「遅筋」の2種類があります。

 

「速筋」は瞬間的に収縮する筋肉のこと。

 

特徴としては

  • 瞬発力がある
  • 大きなパワーを生み出す
  • 筋肉が肥大しやすい
  • 疲労が溜まりやすい、スタミナがない
  • 糖質がエネルギー源

などですね。

 

主にウエイトリフティングや短距離走などパワー系のスポーツ選手をイメージすると良いですね。ゴリゴリのマッチョ系です。

 

「遅筋」は持続的に収縮する筋肉のこと。

 

特徴としては

  • 持久力がある
  • 疲れにくい
  • 筋肉が肥大しにくい
  • 脂肪がエネルギー源

などですね。

 

これはマラソン選手や長距離選手をイメージすると分かりやすいですね。やや細身のイメージです。

 

そしてこの「速筋」と「遅筋」の割合が遺伝によって決まります。

つまり筋肉が「つきやすい体質」の人は筋肥大しやすい速筋繊維が多く、「つきにくい体質」の人は筋肥大しにくい遅筋線維が多いということになります。

 

一般的に日本人は速筋5.5割、遅筋4.5割と言われています。

しかし、筋トレをして思ったよりも肥大しないなという人は遺伝的に遅筋線維が多い可能性が高いです。

 

これはもうどうしようもないことですね。

「筋肉がつきにくい体質」は持って生まれたものだと諦めるしかありません。

 

しかし、かといって筋肉がつきにくくても全く発達しないわけではありません。

あくまで「筋肉がつきやすい体質」の人に比べてつきにくいだけでしっかりと正しいトレーニングを継続すれば良い成果を上げられるはずです。

 

まとめ

筋肉がつきにくい体質の人はつきやすい体質の人に比べて筋繊維が少ない傾向にある。

また遅筋線維が多く筋肥大しにくい。

 

確かに体質によって筋肉の発達に影響はあります。

ただし、筋トレをする意味が全くないというわけではなく地道に継続していけば確かな成果を実感できるのが筋トレです。

努力で遺伝の差を埋めていきましょう。

 

痩せ型の筋肉のつけ方はこちらにまとめています。

痩せ型で筋肉がつかない人のつけ方!食事と筋トレやプロテインで克服

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

痩せすぎの人が太る方法!痩せ型でも健康的に太るには?

ガリガリと太れない体質は遺伝が理由なのか調べてみた!

新入社員で痩せていく人は要注意!痩せる原因はストレス?

スポンサーリンク