太りたい人のカロリー計算!痩せすぎ体型に必要な摂取カロリーは?

スポンサーリンク

太りたい人にとって欠かせないのがカロリー計算。

 

闇雲にとにかく食べるのも良いですが、

毎日自分がどのくらい食べているか把握しておくと、そのうち「これくらい食べれば何g体重が増える」というのが感覚的に分かるようになってきます。

 

今回は摂取カロリーの目安と自分に必要なカロリーを知るための計算方法についてご紹介します。

摂取カロリーの目安

痩せ型から太りたい場合、

摂取カロリー>消費カロリー

を実現する必要があります。

 

1日に必要な摂取カロリーは性別・年齢・活動量によって違いがあります。

 

男性

10代前半

  • 活動量低い:2000~2200kcal
  • 活動量普通:2300~2500kcal
  • 活動量高い:2600~2750kcal

10代後半

  • 活動量低い:2300kcal
  • 活動量普通:2750kcal
  • 活動量高い:3150kcal

20代

  • 活動量低い:2300kcal
  • 活動量普通:2600kcal
  • 活動量高い:3000kcal

30~40代

  • 活動量低い:2250kcal
  • 活動量普通:2600kcal
  • 活動量高い:3000kcal

50~60代

  • 活動量低い:2100kcal
  • 活動量普通:2400kcal
  • 活動量高い:2800kcal

 

女性

10代前半

  • 活動量低い:1700kcal~1950kcal
  • 活動量普通:2000kcal~2200kcal
  • 活動量高い:2300kcal~2500kcal

10代後半

  • 活動量低い:1900kcal
  • 活動量普通:2250kcal
  • 活動量高い:2500kcal

20代

  • 活動量低い:1750kcal
  • 活動量普通:2000kcal
  • 活動量高い:2300kcal

30~40代

  • 活動量低い:1700kcal
  • 活動量普通:1950kacl
  • 活動量高い:2250kcal

50~60代

  • 活動量低い:1600kcal
  • 活動量普通:1900kcal
  • 活動量高い:2200kcal

 

活動量の目安

高い

  • 移動が多く、スポーツなど活発に運動している

普通

  • 座っている時間が長いが、軽い運動や散歩をしている

低い

  • 1日のうちほとんど座っている

 

ただ、これはあくまで目安の数値で実際は個人差があります。

 

自分に必要なカロリーは自分で把握することが大切になります。

スポンサーリンク

自分に必要なカロリーの計算方法

では、どうすれば自分に必要な摂取カロリーを把握することができるのでしょうか。

 

少々手間がかかりますが、自分でデータを取っていくのがおすすめです。

 

用意するもの

  • ペン
  • ノート
  • 体重計

 

まず、夕食1時間後に体重を測定し、その数値を基準とします。

 

そして次の日から、摂取したカロリーをノートにメモし、それを計算した上で夕食1時間後に体重を測定します。

 

それを暫く(4日ほど)続け、体重が減ったもしくは変わらない場合、

摂取カロリー<消費カロリー

摂取カロリー=消費カロリー

になっている可能性が高いです。

 

そこで、次からはもう200~300kcalプラスしてみます。

 

それで体重が増えればその食事量を継続できるようにします。

 

足りなければ更にもう200~300kcal増やしてみます。

 

これを繰り返していけば、自分が太るための食事量が分かってきます。

 

「どうカロリーを調べればよいか分からない」という方もいるかと思います。

 

食材の裏にカロリーが書かれていますし、ネットで検索すれば料理のカロリーを知ることができます。

 

ネットで検索する際は、

「親子丼 カロリー」

「ハンバーグ カロリー」

というふうに検索すると出てきます。

 

ちなみに摂取カロリーやその日の体重をメモする他に、1日の運動(活動)内容もまとめておくと効果的です。

 

これをすると、活動量による誤差が分かってきます。

そして、「よく動いた日はこのくらい必要」「家でゴロゴロした日はこのくらい必要」というのが頭で判断できるようになります。

 

それと、夕食1時間後に体重を測るとしていますが、タイミングはいつでも構いません。

 

風呂に入る前など、あなたの測りやすいタイミングで測定しましょう。

 

ただ、注意点として、体重は1日の中でも増減するものです。

朝起きた時と食後では結構な開きがあります。

 

つまり、毎日違う時間帯に体重を測ると正確なデータを得ることができません。

 

よって、同じ時間帯・同じ条件で測るようにすると正確性が増します。

 

まとめ

  • 体重・摂取カロリー・運動量を毎日ノートにまとめる
  • 体重が増えないようであれば摂取カロリーを増やしてみる

 

摂取カロリー>消費カロリーが太る上で大前提となります。

 

毎日ノートにメモしてしっかり把握するようにしましょう。

 

しかし、これだけでは体重が増えにくいのが痩せ型体型の悩みです。

 

痩せ型の人はこれにプラスして栄養吸収率を高める必要があります。

 

栄養吸収率を高めるのに効果的なのが、酵素サプリ

 

酵素サプリは栄養吸収率を高める効果があり、食べても太れない体質の改善に効果的です。

 

私もサプリを飲み始めてから、体重が増えやすくなりました。

 

詳しくはこちらにまとめています。

太りたいけど太れない人必見!何をしてもダメだった私が太れたサプリを紹介

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェア!

Twitterで