アイスを食べ過ぎると太る?毎日食べる人は腹痛と下痢に注意!

暑い夏にはやっぱりアイスですよね。

 

アイスは幅広い年代層に愛されており、

夏に食欲が湧かない痩せ型の人でもパクパクいけちゃうのではないでしょうか。

 

今回はアイスの食べ過ぎは太るのか、体への影響について書きたいと思います。

スポンサーリンク

アイスの食べ過ぎは太る?

体質によって異なりますが、アイスを食べ過ぎると大抵の人は太ります。

アイスをよく食べる夏は特に太りやすくなります。

 

夏はなんとなく痩せやすいイメージがありますが、実は一年で最も太りやすい季節といっても過言ではありません。

 

夏は外の温度と体温が近いのでエネルギーを使う必要性がありません。

つまり基礎代謝が下がるので太りやすくなります。

 

冬は体温が寒いので体温を上げるために多くのエネルギーを消費します。

 

なので、冬と同じくらいしっかり食事を食べてアイスも食べ過ぎればカロリーオーバーで当然太ります。

 

またアイスの種類によって太りやすいアイスと太りにくいアイスがあります。

 

気になる方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

アイスのカロリーを種類別に比較!太るのはラクトアイス!

 

痩せ型体質の人は更に痩せやすくなる

一方、痩せ型体質の場合は更に痩せやすくなってしまいます。

 

アイスなど冷たい物の食べ過ぎは胃腸に悪影響を与え、胃が冷えることで消化酵素の働きが鈍くなります。

 

消化酵素は食べ物を消化して栄養に変える役割を担っています。

なので、消化酵素が機能しないと消化不良を起こしやすく、栄養を吸収しにくい体になります。

 

痩せ型体質の人は元々の消化酵素が少ない傾向にあるので、冷たい物を食べ過ぎると「食べても食べても太らない状態」を更に悪化させてしまいます。

 

また胃腸を弱めてしまうので食欲が湧きにくくなることも考えられます。

スポンサーリンク

腹痛による下痢にも注意

アイスを毎日食べ過ぎてしまうという人は腹痛による下痢に注意です。

 

これは消化不良と腸の機能低下が関係しています。

 

前述しましたが、胃が冷えることで消化酵素が正常に働かなくなり消化不良を起こしやすくなります。

 

そして腸で便は作られるのですが消化されていない食べ物が腸に流れると、腸が炎症を起こしやすくなります。

 

その結果、腸の働きが低下して便を固めることができないまま下痢として排泄されてしまいます。

 

これがアイスの食べ過ぎによって起こる下痢の原因です。

よく冷たいものを取り過ぎると腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発化して下痢になりやすいと言われますが、冷たい物の食べ過ぎはむしろ蠕動運動を鈍らせます。

 

適度な量であれば問題ありませんが、たくさん食べ過ぎて消化酵素の働きを弱めてしまうと下痢になりやすくなります。

 

腹痛になれば食事量が減ってしまうので痩せ型体質の人は余計に痩せやすくなってしまいます。

 

なので、毎日2~3個も食べるようなことは控えることをおすすめします。

 

まとめ

夏のアイスの食べ過ぎは太りやすくなる

痩せ型体質の人は痩せやすくなる

食べ過ぎは胃腸に負担をかけて腹痛・下痢の原因になる

 

食べ過ぎは糖尿病の危険も出てくるので健康面を考えてもやはり毎日食べ過ぎるのは控えた方がよろしいです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

痩せすぎの人が太る方法!痩せ型でも健康的に太るには?

スポンサーリンク