体脂肪率が低い痩せすぎ体型のデメリットや危険は何?

スポンサーリンク

一般的に体脂肪率というと高い人が気にするものですが、低すぎることに悩む人も意外とたくさんいます。

 

アスリートならまだしも、痩せすぎが原因で低いのは少し心配になりますよね。

 

そこで今回は男性と女性の体脂肪率の基準や低いと起こるデメリットや危険について書きたいと思います。

体脂肪率の基準

体脂肪率は「痩せ」「標準(-)」「標準(+)」「軽肥満」「肥満」の5種類に分けることができます。

また年齢によって基準が変わってきます。

 

まずは男性の体脂肪率の基準を紹介したいと思います。

男性の体脂肪率の基準

14歳以下

  • 痩せ:6%以下
  • 標準(-):7~15%
  • 標準(+):16~24%
  • 軽肥満:25~29%
  • 肥満:30%以上

15~17歳

  • 痩せ:7%以下
  • 標準(-):8~15%
  • 標準(+):16~23%
  • 軽肥満:24~27%
  • 肥満:28%以上

18~39歳

  • 痩せ:10%以下
  • 標準(-):11~16%
  • 標準(+):17~21%
  • 軽肥満:22~26%
  • 肥満:27%以上

40~59歳

  • 痩せ:11%以下
  • 標準(-):12~17%
  • 標準(+):18~22%
  • 軽肥満:23~27%
  • 肥満:28%以上

60歳~

  • 痩せ:13%以下
  • 標準(-):14~19%
  • 標準(+):20~24%
  • 軽肥満:25~29%
  • 肥満:30%以上

 

次に女性の基準です。

 

女性の体脂肪率の基準

14歳以下

  • 痩せ:14%以下
  • 標準(-):15~24%
  • 標準(+):25~33%
  • 軽肥満:34~37%
  • 肥満:38%以上

14~17歳

  • 痩せ:17%以下
  • 標準(-):18~26%
  • 標準(+):27~35%
  • 軽肥満:36~39%
  • 肥満:40%以上

18~39歳

  • 痩せ:20%以下
  • 標準(-):21~27%
  • 標準(+):28~34%
  • 軽肥満:35~39%
  • 肥満:40%以上

40~59歳

  • 痩せ:21%以下
  • 標準(-):22~28%
  • 標準(+):29~35%
  • 軽肥満:36~40%
  • 肥満:41%以上

60歳~

  • 痩せ:22%以下
  • 標準(-):23~29%
  • 標準(+):30~36%
  • 軽肥満:37~41%
  • 肥満:42%以上

 

男性よりも女性の方が体脂肪を蓄えやすいです。

男性の場合は15%以上、女性の場合は20%以上は欲しいところですね。

スポンサーリンク

体脂肪率が低いことのデメリットや危険は?

体脂肪率が低いとどんなデメリットや危険があるのでしょうか?

 

男性も女性も共通している部分が多いです。

 

筋肉量が減る

 

体脂肪率が低いと筋肉が減りやすくなります。

 

人間の体は食事で栄養を摂取しますが、充足感がない時は脂肪や筋肉をエネルギーにして不足した栄養を満たそうとします。

体脂肪が少なければその分筋肉が消費されることになりますし、痩せ型の人は食事量が少ないのでどんどん筋肉が消費されてしまいます。

 

病気などで食事が取れなくなった場合は歩行困難になるほど筋力が低下する恐れもあります。

女性はなぜ筋肉がつきにくい体質なのか?ホルモンや遺伝が関係

モテないガリガリ男子高校生の筋トレ方法!意識したいポイントは?

 

寒いと感じやすくなる

脂肪には体から熱が逃げないようにする保温効果があり、脂肪が多い人は体内の熱が外に出にくいです。

 

反対に脂肪がないと体外に放熱する量が多いので体が冷え切ってしまいます。

 

これが、体脂肪率が低いと寒くなる原因です。

 

ちなみに筋肉は熱を発する効果があります。

なので、痩せ型で体脂肪率が低い人は保温・発熱の機能が著しく低いです。

 

冬の対策としては重ね着で保温し、適度に動くことで発熱させると良いです。

寒がりの改善方法!ガリガリにおすすめの対策はこれ!

 

風邪をひきやすい

体脂肪率が低いと風邪を引きやすくなります。

体が冷えることも関係していますが、免疫力が低下します。

 

実際にサッカー日本代表の長友佑都選手も体脂肪率を落としてから風邪を引きやすくなったと話しています。

体調管理には凄く気を使っているんだとか。

元ハードルの為末大選手も現役時代は疲れたまま人混みに入ると2回に1回の確率で風邪をひいていたそうです。

 

妊娠しにくくなる

脂肪を天敵のように扱って過度に落とそうとする女性は多いですが、ある程度の脂肪はとても大切。

 

体脂肪が低すぎると妊娠率が低下する傾向にあります。

 

一般的に15%あたりから妊娠率が下がり始め、10%以下になるとほぼ困難になると言われています。

 

妊娠をすると脂肪で胎児を守ろうとします。

また胎児に栄養を与えるために脂肪を溜め込むようになります。

 

しかし、体脂肪率が低いと脳は赤ちゃんを産む準備が出来ていないと判断します。

 

すると無月経になり排卵がなくなります。

妊娠を回避しようと働くんですね。

 

このような仕組みで妊娠しづらくなります。

 

絶対に妊娠・出産できないこともないのですが、低くてもあまり意味はありません。

20%~24%が理想的ですね。

痩せすぎ女性の出産のリスクとは?子供に悪影響を与える可能性も

 

健康的に太って体脂肪を増やそう

痩せ型で体脂肪率が低い人は脂肪と筋肉をバランス良くつけていくことが大切です。

 

おすすめはサプリメントです。

 

私はサプリを継続して飲み続けたことで増量に成功し、体脂肪率も改善されました。

 

詳しくはこちらにまとめています。

食べても太れない本当の原因!何をしてもダメだった私が太れたサプリを紹介

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク