有酸素運動は太りやすくなる?ガリガリ(痩せ型)にもおすすめ

スポンサーリンク

ジョギングなどの有酸素運動は健康を維持するためには毎日継続してやりたいですよね。

 

しかし、痩せ型体質の人は毎日やると余計にガリガリになるのではないかと心配になる方も多いのではないでしょうか。

 

今回はガリガリのジョギングは余計痩せるのか検証していきたいと思います。

有酸素運動はガリガリになる?

「痩せ型が有酸素運動をすると余計に痩せてしまうんじゃあ…。」

そういう心配を持つのはよく分かります。

 

よくダイエットでも有酸素運動をして脂肪を落とそうとうたわれていますからね。

たしかに運動によって得られるダイエット効果はあります。

 

しかし、毎日走っているからといって必ずしも痩せるわけではないです。

もちろん個人差はあると思いますが。

 

私はむしろ運動することでお腹が空きます。

運動後は食欲を増進させるグレリンが出ます。

特に女性は運動後食事がわきやすいというデータもあるそうです。

 

休みの日に一日中家でゴロゴロしていてもお腹は空きませんが、平日仕事をすればお腹空くのと同じ原理でしょう。

 

ダイエットのため有酸素運動を始めたけど結局体重が増えたという方は多いそうですがこれが原因だと思います。

運動してもお腹がへって結局食べ過ぎてしまうみたいな。

 

でも逆説的に痩せ型の人は太りやすくなるとも言えます。

毎日有酸素運動をして効率的にお腹を空かしましょう。

 

 

ただ、ヘトヘトになるまで運動を続けると食欲はわきづらいです。

学生時代の部活が厳しかった人はよくわかると思います。笑

どうやら運動の強度が上がりすぎるとペプチドYYとGLP-1というホルモンが分泌されやすくなりこれが食欲を減退させます。

スポンサーリンク

大事なのは食事量

有酸素運動をして痩せるか痩せないかは結局食事量が大事になってきます。

 

毎日消費カロリー<摂取カロリーに持っていく必要があります。

 

カロリー計算することは大事かもしれませんが、私のような面倒くさがりには向いてません。笑

 

面倒くさい人はお茶碗2~3杯分のお米は最低でも食べると良いでしょう。

きつい場合は卵をかけたり、納豆で流し込みます。

 

走り込むと足が太くなる場合も

ジョギングやランニングを始めた当初は今まで使っていなかった筋肉を使うので筋肉痛を感じます。

これは筋肉が育っている証拠で太ももやふくらはぎが少し太くなっていきます。

 

その状態以降毎日有酸素運動を繰り返すと、一般的には脂肪や筋肉が落ちてスリムになっていきます。

しかし、痩せ型の人は元々必要な筋肉量を満たしていない場合が多いので更に足が細くなるというパターンはあまり見受けられないです。

私はほぼ毎日走っていますが以前よりも確実に太くなっています。

太ももが細いのが悩みでしたが、今は結構いい感じです。笑

 

ただ、ある程度の所で止まるのでそこからはスクワットなどの筋トレを組み合わせて肥大化を図ると良いでしょう。

階段・坂道ダッシュなども良いかもしれません。

 

私はよく走る前や走った後ににスクワットをするようにしています。

ランニング+筋トレで理想の体型を目指しましょう。

 

下半身がどっしりすることで不思議と自信も生まれます。

 

まとめ

今回は痩せ型の有酸素運動は太るのか、それとも余計ガリガリになるのか紹介しました。

有酸素運動をしたからといって必ずしも痩せるわけではない

食事量が大事

痩せ型の人は元々の筋肉量が少ないので走り込むと太くなる場合もある

 

運動をしないと病気の心配もありますし、

健康的に太るにはやはり有酸素運動は欠かせないと思います。

 

その他、太らない体質の原因をまとめた記事を作りました。

太らない体質の原因と理由を知って改善策を見つけよう!

日頃の生活習慣が太れない体質を作っているかもしれません。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

仕事が忙しくて食べる時間がない会社員におすすめしたい栄養満点の太りやすい食べ物!

スポンサーリンク