肩幅が狭い男性のファッション術!広く見える服とは?

スポンサーリンク

痩せ型の華奢な男性は肩幅が狭いことコンプレックスを感じている人は多いです。

 

そして肩幅が狭いと服が似合わなくなることがよくあります。

 

トレンドを気にして服を選ぶのも良いですが、できればオシャレをしつつ体型も上手にカバーしたいところですよね。

 

そこで今回は肩幅が広く見える服をご紹介します。

クルーネックとボートネック

首元をしっかり隠すクルーネックは体を横に長く見せることができます。

 

また、認知度は低いですが、ボートネックもおすすめです。

 

ボートネックとは首元が船の底のように縦に浅く横に広いネックラインを指します。

 

横に広く・ラインも緩やかな曲線なので、横幅を強調でき肩幅が広く見えやすいです。

 

これはTシャツに限らずニットなどにも共通することなので、肩幅を広く見せる基本として覚えておくと良いですね。

 

Vネック・Uネック・タートルネックはNG

反対に首元が開くVネックやUネックはNGです。

 

これらは首元が縦に大きく開いているので、細身に見えやすいです。

 

そのため、肩幅の狭さを強調し、相手にガリガリの印象を与えやすくなります。

 

またタートルネックもNGです。

 

首元まで隠すタートルネックは一見肩幅の狭さを隠すためにうってつけの服のような気もします。

 

ですが、首や肩の境界がはっきりしないタイプは体のラインがはっきり強調されるので、本来の細さが現れやすくなります。

 

首周りにボリュームがある厚手のニットであれば、首と肩の境界がはっきりするので問題ないと思います。

むしろ積極的に取り入れると良いですね。

 

襟が小さい服

襟が付いている服を着る際はできるだけ襟が小さめの物を着ましょう。

 

襟が小さいとそれだけ肩幅の部分が広くなるので肩幅を大きく見せることができます。

 

反対に襟が大きいと肩幅の割合が小さくなるので狭く見えます。

 

フード付き

パーカーなどフートが付いている服は肩にボリュームを出すことができます。

 

おすすめは白Tシャツとグレーパーカーの組み合わせですね。

 

シンプルですが、白とグレーはともに膨張色なので、身体を横に大きく見せることが可能です。

スポンサーリンク

レイヤードで厚みを出す

レイヤードで厚みをもたすことで肩の厚みを演出することが可能です。

 

冬はボリュームのあるアウターを着れば肩幅の狭さはかなり隠せるでしょう。

 

ただし、暖房が効いて暖かい屋内に入った時はアウターを脱がないと不自然なこともあります。

 

中はしっかり重ね着をして厚みをもたせておきましょう。

 

例えば、コートやジャケットを着る場合もTシャツの上に着るのではなく、パーカーを重ねると体を大きく見せることができます。

 

まとめ

今回は肩幅が狭い男性のファッションについて紹介しました。

  • 首周りはクルーネックかボートネック
  • 襟が小さい服
  • パーカーなどフード付きの服
  • レイヤードで厚みを出す

 

服装に気を使うことで肩幅の狭さを多少は隠すことができ、街を歩いても周囲の目線はあまり気にならなくなります。

 

ただ、肩幅が狭い悩みを根本的に解決したい人は「筋トレ」「体重を増やす」ことで改善していく必要があります。

 

体重を増やすには酵素サプリがおすすめです。

 

酵素サプリは食べ物の栄養吸収率を高める効果があるので、

「食べても太れない体質」から「食べた分太れる体質」に変わっていきます。

 

詳しくはこちらにまとめているので参考にしてみて下さい。

食べても太れない本当の原因!何をしてもダメだった私が太れたサプリを紹介

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク