プロテインで腹痛や下痢になる人はWPIで対策しよう!

プロテインを飲むと毎回腹痛や下痢になってしまう…。

 

私もよくプロテイン摂取後の下痢に悩まされます。

 

慢性的な場合はいつまでも筋肉の成長に役立たず、お金の無駄になってしまいます。

 

そこで今回はプロテインで腹痛や下痢になりやすい人におすすめのプロテインを紹介したいと思います。

プロテインを飲むと腹痛や下痢になるのはなぜ?

これはプロテインに含まれる乳糖が大きく関係しています。

 

乳糖とは牛乳に含まれる糖質のことですが、

実は、プロテインは牛乳が原料となって製造されています。

 

なので、ホエイとカゼインプロテインには乳糖がたくさん含まれています。

 

そして我々日本人の多くは乳糖不耐症といって乳糖を分解する力が弱い傾向にあります。

 

これは乳糖を分解する酵素が加齢とともに減少していくからで、分解できないまま乳糖が大腸に流れることで腹痛や下痢が起こります。

 

乳糖不耐症の症状などについてはこちらにまとめています。

乳糖不耐症の症状と検査方法!大人は治療する必要がない?

 

それと単純に胃腸が弱いことが考えられます。

 

過度に冷えた状態で飲んだり、一度に過剰に飲み過ぎると胃がビックリして機能低下を起こしやすくなります。

 

よく肉やラーメンなど脂の多い食べ物を食べると下痢になる人は今使用しているプロテインが不向きな可能性があります。

 

WPIがおすすめ

乳糖が原因で下痢になる人はWPI製法のプロテインがおすすめです。

 

WPIとは「Whey Protein Isolate」の略で「分離乳清タンパク質」と言います。

 

名前からも想像できる通り、製造過程で乳糖や脂肪などの成分を取り除いているので、乳糖の含有量は限りなく少ないです。

 

そのため乳糖不耐症による下痢の可能性は低くなり、しっかりとタンパク質を吸収することが可能です。

 

またタンパク質以外の成分を取り除いているのでタンパク質含有量が高く効率的に筋肥大をすることができます。

 

デメリットとしては他のプロテインよりも値段が高いことです。

 

しかし、安いプロテインを飲んで下痢をしてタンパク質の吸収率を下げるならWPIでしっかり体内に吸収させた方が良いと思います。

 

乳糖不耐症の人には是非一度試して欲しいプロテインです。

 

おすすめのWPIプロテイン

私のおすすめはバルクスポーツの「アイソプロ」です。

 


バルクスポーツ アイソプロ 2kg ナチュラル

 

タンパク質含有量は約87%もあります。

スプーン1杯(21g)あたりの成分

  • エネルギー:80kcal
  • タンパク質:18.3g
  • 脂質:0.3g
  • 炭水化物:1.0g
  • ナトリウム:147mg

 

そしてWPIプロテインとは思えないほどの安さも魅力。

1kgあたりの値段は通常のプロテインとほぼ変わらないのでコスパは非常に良いです。

 

胃腸が弱い人はソイプロテイン

WPIでもダメだった人は単純に胃腸が弱いパターンです。

 

この場合は「動物性タンパク質」が合わない可能性があります。

 

一般的なプロテイン(ホエイ・カゼイン)は牛乳が原料なので動物性タンパク質を多く含みます。

動物性タンパク質は体内の利用効率が9割近くあり、体内にタンパク質を取り込むには優秀な栄養です。

 

しかし、「動物性タンパク質」を摂取する時は「動物性脂肪」もセットになることがほとんど。

この2つが組み合わさると消化が著しく悪くなるので胃腸が弱い人は消化不良を起こしやすくなります。

 

そこでおすすめなのがソイプロテインです。

 

ソイプロテインとは「大豆プロテイン」のことで植物性タンパク質が含まれています。

 

植物性なので動物性の場合よりも下痢になる可能性は低いです。

 


大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすい大豆プロテイン

 

水で溶かして飲む

「WPIプロテイン」や「ソイプロテイン」に乳糖が含まれていないと言っても牛乳には乳糖がたくさんあります。

 

なので、牛乳に溶かして飲むと乳糖不耐症の人は結局下痢になってしまいます。

 

牛乳よりも水で飲むようにしましょう。

 

消化吸収の観点からも牛乳より水の方が断然いいですね。

牛乳はカゼインが含まれているので粘度が高く吸収が遅くなります。

 

特に筋トレ後はすぐに吸収した方が効果的なので絶対水が良いですね。

 

水だと不味いという人はスポーツドリンクやフルーツジュースに溶かしてみると良いと思います。

ガリガリの自宅での筋トレメニューと頻度を紹介!初心者必見

 

まとめ

プロテインで腹痛や下痢になる人はWPIプロテインがおすすめ

 

腹痛・下痢に悩まされる人はしっかり対策して効率的に筋肥大できるようにしていきましょう。

 

痩せ型の筋肉のつけ方はこちらにまとめています。

痩せ型で筋肉がつかない人のつけ方!食事と筋トレやプロテインで克服

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

カゼインプロテインのデメリットと副作用!癌になる噂は本当?

ウエイトゲイナーのデメリット!糖尿病や下痢のリスクはあるのか?