牛乳で下痢になる原因はアレルギー?大人になってひどくなる理由

スポンサーリンク

牛乳を飲むと必ず下痢になってしまう…。

 

中には子供の頃は普通に飲めていたのに大人になって腹痛・下痢に悩まされるという人もいると思います。

 

これはなぜなのでしょうか?

 

今回は牛乳で下痢になる原因について書きたいと思います。

牛乳で下痢になる原因

牛乳を飲むと下痢になるのは以下の原因が考えられます。

一つずつ確認していきましょう。

 

アレルギー

まず考えられるのがアレルギーです。

 

牛乳アレルギーの場合は腹痛・下痢の症状の他に

  • じんましん
  • 湿疹
  • 呼吸困難
  • 吐き気、嘔吐
  • アナフィラキシーショック

などの症状が出ます。

 

また血液検査や皮膚検査をすることでアレルギーがどうか知ることができます。

 

アレルギーを疑う場合は至急病院で検査しましょう。

アレルギーの程度によって対処法も異なるので医師のアドバイスは参考になります。

 

ちなみに牛乳アレルギーは比較的赤ちゃんに多く見られますが、大人の場合はさほど多くはありません

 

胃腸が弱い

次に胃腸が弱っていることも考えられます。

 

ウイルス性の胃腸炎にかかっていたり、ストレスや胃下垂などで消化機能が低下している場合は消化不良を起こしやすく下痢の原因になります。

 

また冷たい牛乳を一度にたくさん飲んだ時は胃がびっくりして働きを鈍らせる可能性もありますね。

胃下垂になる原因!食べ過ぎや姿勢など後天的な要因が関係!

胃下垂になると太らない理由はなぜ?栄養吸収率の低下が関係!

スポンサーリンク

乳糖不耐症

下痢になりやすい人に最も多い原因がこれです。

 

牛乳には乳糖と呼ばれる糖質が含まれています。

乳糖不耐症の人はこの乳糖を分解することができない体質であるため腹痛・下痢を引き起こしやすくなります。

 

小腸にあるラクターゼと呼ばれる酵素で乳糖は「ブドウ糖」と「ガラクトース」に分解・吸収されでエネルギー源になります。

 

しかし、乳糖不耐症の人はこのラクターゼの量が少なく乳糖を分解することができません

分解できない乳糖は未消化のまま腸内に残りそのまま大腸に運ばれます。

 

そして分解できなかった乳糖は大腸内の腸内細菌によって発酵しガスや水になります。

また水分を引きつけやすくなり腸壁から多くの水が出ます。

 

すると便が柔らかくなり下痢が出やすくなります。

 

日本人は乳糖不耐症が多い

程度の差こそありますが、日本人のおそよ8割が乳糖不耐症であると言われています。

欧米人は3割~5割くらいですね。

 

これは日本人が元々農耕民族であったことが考えられます。

実は牛乳などの乳製品が普及したのは戦後でまだ日が浅いのです。

 

いわば、アメリカのGHQが経済政策のために日本人に合わない牛乳を広めたとも言えますが、これについて書き出すと長くなりそうなので割愛します。笑

 

つまり、日本人は元々授乳期のみしかラクターゼを必要としていませんでした

赤ちゃんは母乳でしか栄養源を確保できないのでラクターゼを使って乳糖を分解しますが、授乳期を過ぎればラクターゼの必要性はなくなっていたわけです。

必要がなくなるということは活性化させても意味がないのでどんどん衰退していくことになります。

 

そして牛乳が普及して100年も経っていない日本人の体ではそう簡単に対応することはできません。

ラクターゼ量も少ない上に加齢によってどんどん減少していきます。

 

子供の頃は普通に飲めていたのに大人になって下痢や腹痛が増えたのはこれが原因ですね。

昔は2Lを飲んでも全く問題なかった人が数年後500ml飲んだけで下痢が増えたという話はよくあることです。

 

まとめ

大人になって牛乳で下痢が続くのは乳糖不耐症の可能性が高い

 

乳糖不耐症が原因で下痢になるのはある意味当たり前のことなのかもしれませんね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

太らない体質の原因と理由を知って改善策を見つけよう!

痩せすぎで尾てい骨が痛い!座ると痛いを解消するには?

スポンサーリンク