ギャル曽根はなぜ太らない?痩せてる理由は体質と消化が関係

大食いとして知られるギャル曽根さん。

 

テレビでも豪快に食べる姿を頻繁に見ますが、あれだけ食べるのになぜ痩せているのか気になりますよね。

 

今回はなぜギャル曽根さんが太らないのか検証したいと思います。

スポンサーリンク

ギャル曽根が大食いできる理由

まずはなぜ大食いできるのか説明したいと思います。

 

ギャル曽根さんは胃袋が丈夫であることが考えられます。

 

以前テレビでギャル曽根さんの胃を調べる番組があったのですが、大食い後の胃は通常の15倍の大きさになっていました。

 

他の臓器を押しのけてしまうほど上半身全体に大きくなっており、普通の人ではあり得ないサイズです。

 

だからこそいくらでも食べることが可能になっています。

 

それに加えて食事中に血糖値が上昇しないことも大食いできる理由です。

 

普通食事をすると体内に糖分が入るので血糖値が上がり、脳が満腹感を感じるようになります。

 

しかし、ギャル曽根さんは食事中にまったく血糖値が上がっていないことが判明しました。

つまり、お腹いっぱいになりにくいということですね。

 

そして血糖値が上がらない原因こそが彼女が痩せている要因でもあります。

 

ギャル曽根はなぜ太らない?痩せている理由は?

ギャル曽根さんが太らないのは体質によるところが大きいのですが、具体的にどういう体質を持っているのか紹介したいと思います。

 

褐色脂肪細胞が多い

褐色脂肪細胞は余分なエネルギーを熱に変えて放出する働きを持っています。

熱を発生させる装置みたいなものです。

 

この褐色脂肪細胞が多いと余分なエネルギーを体外に放出しやすくなり、脂肪ができにくくなります。

 

ギャル曽根さんはこの褐色脂肪細胞がかなり多いようで食事の時には体温が上昇しているみたいです。

スポンサーリンク

消化しきれていない

あれだけの量を食べても太れないということはしっかり消化しきれいないことも考えられます。

 

食べ物は食べればそのまま栄養になるわけではありません。

消化されることで体内に栄養が吸収されていきます。

 

しかし、ギャル曽根さんの場合は食べた物が胃に留まる時間が異常に短いです。

 

これは胃と腸を繋げる「弁」が普通の人よりもかなり緩んでいるのが原因で食べ物が腸に流れてしまいます。

 

その結果、消化しきれないまま排泄されてしまいます。

 

食事中にまったく血糖値が上がらないのは「褐色脂肪細胞の多さ」と「食べ物が体内に留まる時間が短い」ことが関係していると思われます。

 

痩せ型の人も消化が弱い

実は痩せ型で太りたくても太れない人はギャル曽根さん同様に消化しきれていないです。

痩せ型の人は弁が緩いというよりも単純に消化力が弱いことが原因だと思います。

 

  • 食べてもすぐ下痢してしまう
  • 食べた物が消化されずに排泄されてしまう

 

これらの症状が頻繁に起こる人は胃腸の消化力を改善する必要があります。

 

改善には酵素がおすすめです。

太りたい人は酵素がおすすめ!酵素の多い食べ物はこれ!

 

まとめ

今回はなぜギャル曽根さんが太らないのか紹介しました。

褐色脂肪細胞が多い

消化できていない

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

菅田将暉の筋トレ法が話題!あゝ荒野でガリガリから肉体改造!

食べても太れない本当の原因!何をしてもダメだった私が太れたサプリを紹介

モテないガリガリ男子高校生の筋トレ方法!意識したいポイントは?

戸田恵梨香が痩せすぎの理由は?コードブルーでガリガリ過ぎると話題

スポンサーリンク