ガリガリで体育の授業が苦手!休む方法もないしどうする?

スポンサーリンク

ガリガリ体型に悩む学生にとって体育の時間は苦痛です。

 

運動自体は楽しめても着替えの時間が嫌な人は多いと思います。

私も学生の頃は痩せ細った腕や肋骨が浮き出たお腹を見られることが非常に恥ずかしかったです。

 

また冬以外は半袖半ズボンなので、ガリガリ体型がハッキリと分かりやすいです。

 

ガリガリ体型の人はどうしたら体育の時間を楽しむことができるのでしょうか?

あらかじめ体操服を着ておく

着替える際に上半身を見せるのが恥ずかしい人は、あらかじめ体操服を着ておくと良いですね。

 

私は体育が午前中にある日はこれをしていました。

体操着の上にTシャツ、シャツを着る感じですね。

 

ただ、夏はめちゃくちゃ暑いですし、授業が終わって体操服からまた制服に着替える時は上半身を見せる必要があります。

 

見学する

どうしても嫌な場合は見学するのも一つの手段でしょう。

 

体育を見学する理由としては

  • 体操服を忘れた
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 風邪気味
  • 保健室で休む
  • 生理痛

などですね。

 

ただ、これをやりすぎると先生の評価を下げてしまいますし、周りからもいつも休んでいるという印象を持たれるのでやりすぎは注意です。

 

そもそもガリガリであることが原因で嘘をついてまで見学するのは気持ち的にも良いものではありません。

運動が好きなのであればなおさらですね。

 

なので、本当に調子が悪い時だけ使った方が良いと私は思います。

 

周りに何を言われても気にしない

思春期は自分に対する周囲の評価が気になる年頃ですが、過剰に気にしすぎるのは良くないです。

 

何か言われたとしても「何か言ってるな~」くらいに受け流せば良いのです。

 

寂しい話ですが結局3年間の仲ですし、それに言ってくる人にも何かしらのコンプレックスはありますからね。

 

私はイジられたら適度に受け身を取りつつ、違う時にその人のコンプレックスもイジるということをやっていました。

ただ、仲が悪くなることもあるのであまりおすすめはできません。笑

スポンサーリンク

ガリガリであることを受け入れてみる

周りの目を気にしない意味でもガリガリである自分を受け入れて開き直ることも大切です。

 

どうしても他人と比較すると深刻な悩みになってしまうのでそれはやめたほうが良いですね。

 

もしもあなたがガリガリな自分を受け入れることができれば気持ち的にかなり楽になります。

 

周りに何か言われても「それが何か?」くらいの堂々とした態度だと、周りもそこまでイジってくることはなくなるでしょう。

 

受け入れる、受け入れないはもちろん自分次第ですが、何でも良いので夢中になれるものがあると気にならなくなると思います。

 

上半身の筋肉を鍛える

ガリガリであることを受け入れるとは言っても、それができたらこんなに悩まないのもまた事実。

 

「ガリガリな自分が嫌で嫌でどうしようもない」という人は体を太くするしかありません。

 

朝昼晩しっかり食べることが大前提になりますが、これにプラスして筋トレで筋肉をつけるのがおすすめです。

 

筋肉は部位ごとにトレーニング方法があり、あなたが細くて悩んでいる部分をピンポイントで太くすることができます。

 

ガリガリに悩む人は腕、胸、背中この3ヶ所を重点的に鍛えると見た目の印象はかなり変わります。

 

筋トレは家でやる場合も、腕立て伏せなどの自重トレーニングの他にダンベルやチューブを使って鍛えた方が筋肉がつきやすくなります。

 

特に腕の筋肉を鍛える場合、ダンベルやチューブを使ったトレーニングは非常に効果的。

しっかり鍛えれば2ヶ月ほどで変化が出てきます。

腕を太くする方法!痩せすぎでも簡単な自宅筋トレ法を紹介!

 

まとめ

ガリガリ体型が気になる限り、体育の悩みは無くならないので開き直るか、上半身を太くするかのどちらかになります。

 

太りたい人におすすめのサプリメントはこちらにまとめています。

太るサプリメントランキング!太りたい人におすすめはこれ!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

肋骨が見えるのは痩せすぎ?浮き出る人は筋トレで隠そう!

受験のストレスの症状!食欲不振や吐き気で痩せる場合も!

食事が面倒くさい人の心理!あまり食べない痩せ型に多い?

スポンサーリンク