ビールを飲むと太る理由!飲み過ぎは下痢や腹痛などの悪影響も

スポンサーリンク

「ビール腹」という言葉がある通り、ビールを飲むとどんな人でもお腹がぽっこりします。

 

痩せ型でなかなか太れない私でもビールを飲めばお腹が膨れていきます。

 

なぜビールを飲むと太りやすくなるのでしょうか?

 

今回はビールを飲むと太る理由について書きたいと思います。

ビールを飲むと太る理由

ビールを飲むと太る理由としては以下のものがあります。

 

カロリーが高い

ビールのカロリーは中ジョッキ1杯で200kcal

 

これはご飯お茶碗1杯分に匹敵します。

 

これは飲み物の中でもかなり高カロリーな部類に入ります。

 

ビールなどアルコールのカロリーはよく「エンプティカロリー」と言われます。

 

エンプティは「空っぽ」という意味なので、カロリーとして蓄積されないと思っている人もいますがこれは間違いです。

 

たしかにアルコールはカロリーとして体内に蓄積されにくいです。

 

何故かと言うと、お酒が体内に入るとまずアルコールを優先的に分解するためです。

身体に害があるものをまずは排除しようとするんですね。

 

この時、他の食べ物の消化は後回しにされるので食事のカロリーが残りやすくなります。

 

もう少し掘り下げると、

太るということは摂取カロリー>消費カロリーの構図になっているということです。

 

1日の運動量・基礎代謝からなる消費カロリーを上回るカロリーを食事で摂取することで太りやすくなるんですね。

 

アルコールが優先して分解されるということはアルコールのカロリーは消費カロリー分に割り当てられていることになります。

 

なので、他にたくさん食べているとその分がオーバーカロリーとなり太りやすくなります。

 

そもそも「エンプティカロリー」は栄養素を全くもたないカロリーという意味で使われています。

ジャンクフードなどもそうですが、こういった食品はビタミン・ミネラルが不足していることが多いので暴飲暴食には注意したいところです。

スポンサーリンク

食欲増進効果

ビールの炭酸ガスや苦味成分は胃を刺激して食欲を促進します。

 

そしてビールを飲む時は必ずと言って良いほどおつまみを食べますよね。

 

おつまみはポテトや唐揚げなどの揚げ物、焼肉、ピザなど高カロリーなものが多いです。

 

ビールで食欲が刺激されることでいつの間にか食べ過ぎて摂取カロリーが増えていきます。

 

中性脂肪が増える

前述の通り、アルコールは肝臓で優先して分解されます。

そしてアルコールが優先されることで脂肪酸の分解も後回しになります。

 

脂肪酸が溜まることで起きるのが中性脂肪の合成です。

 

なので、毎日のように大量のアルコールを摂取すればするほど中性脂肪はどんどん増えていきます。

 

まとめ

今回はビールが太る理由について紹介しました。

  • カロリーが高い
  • 食欲増進でおつまみを食べる量が増える
  • 中性脂肪が増える

 

ビールが太りたい人におすすめかと言われると必ずしもそうとは言えません。

飲み過ぎは肝臓に大きな負担をかけ健康に良くないです。

適量を心掛けくれぐれも飲み過ぎないようにしましょう。

 

太るために意識したいことはこちらにまとめています。

痩せすぎの人が太る方法!痩せ型でも健康的に太るには?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

食事が面倒くさい人の心理!あまり食べない痩せ型に多い?

カロリーが高いお菓子ランキング!あまり食べない方がいい?

ガリガリの食生活!痩せ型が太れない原因を検証してみた!

ストレスで痩せる理由!食欲はあるし食べてるのになぜ?

スポンサーリンク